すべてを根底から変える

 

うまくいかないときや辛いとき、深く下がって悩むこともあるかと思いますが、その絶望感は次に向かうために必要なステップです。もうこれまでのやり方では前には進めないとはっきりわかれば変えるしかないと覚悟ができます。

 

今日のエネルギー/KIN119

「深い絶望感は変換への出発点。生まれ変わろうとする決意がすべてを根底から変える。そこで本当の自分と出会う」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

絶望するところまでいかないと見えてこない世界があります。終わりは、新たなはじまり。もう変わらなければいけない...なんて選択肢ももうなくなっています。笑 これまでのやり方を捨てるので、一瞬なにもなくなってしまったような感覚にもなりますが、そこからやっと本当の自分が始まるようですね。

 

静寂で見極める

 

以前、フランスなどの海外で日本のお遍路さんや瞑想が人気だとテレビでやっていました。こころが静寂になるからだそうです。たくさんの時間やお金、体力を使ってこころを空っぽにしたいんだなぁ。大切な気づきを見つけるために

 

今日のエネルギー/KIN118

「空になり、素になり、静寂になると見極めの力が動き出す。有り難いという心がすべてを誘導してくれる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

いまは本当にいろいろなことが便利な世の中になりましたが、毎日たくさんの情報にも囲まれて頭のなかはパンク寸前な状態のひとが多いと思います。自律神経のバランスが崩れるサインです。ヨガや瞑想と同じように、しんそう療方の施術を受けると本当に不思議と頭のなかがスッキリして脳の誤作動のようなものが修正され、本当の自分に戻る感覚がします。

 

真剣に応援する

 

今日のエネルギーはいつも元気に活躍されている松岡修造さんのイメージです。純粋に真剣な気持ちで誰かを応援する。するとどんどんエネルギーが湧いてきて、自分も周囲も一緒になる感覚でいいエネルギーの波に乗れそうです。

 

今日のエネルギー/KIN117

「真剣に応援することで限りない高揚感を味わう。熱意は多くの人を動かす」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

今日は患者さんからの予約を、ここ最近ではいちばん沢山いただいてる日です。今朝、今日のマヤ暦のエネルギーをみてこの目に見えないけれど確実に流れている不思議な暦のちからをあたらめて感じました。きっと自然なことなんですね。

 

内なるメッセージ

 

YOGAは、自分の「からだ」の声を聞くものです。微妙なニュアンスの違いかもしれませんが、私たちが普段使う「こころ」の声というのは、もしかしたら頭で考えたこと=思考なのかも知れません。「からだ」の声。たまには小さな子供や動物になったような感覚で頭を空っぽにして身体で感じてみる=感覚を使うことは、今を生きる私たちには原点に戻る感覚で、とても大切なことのように感じます。

 

今日のエネルギー/KIN116

「直感に耳を澄ませる。動物が本能に導かれるように。内なるメッセージをハッキリ聞く力を発揮する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

裸足で土の上を歩くことは本当になくなりました。実は、人間が足の裏で感じることはたくさんあります。赤ちゃんが歩けるようになって知能が一気に上がるのも、お年寄りが寝たきりになって歩かなくなると痴呆が進むのもそれと関係しています。これからますますAI技術が進んでいき、私たちは自分の身体だけではなく脳も使わなくなっていくような気がします。そうなると次は、自分のこころもわからなくなっていきそうな...。命ある限り人間、感じる動物でいたいです。

 

崩壊のプロセス

 

よく、なにかが駄目になったときは、悲しいことが起きたと感じてしまうと思いますが、お話を聞きながら心の中で私は「やった!これでこの方はもっと良い方向へ進めるんだ」と思うことがあります。新しい出発にはその前に必ず一度、崩壊のプロセスが必要だからです。

 

今日のエネルギー/KIN115

「ポジティブなビジョンと意識が、慈愛と優しさを生み出す。崩壊のプロセスを、心から受け入れることで新たな出発ができる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

 

脱皮みたいなものでしょうか。ご本人にとっては一瞬、苦しくて辛い経験かも知れませんが、そのときに必要な痛みかも知れないと私は考えます。そして、いつもなるべくポジティブな意識でいるように心がけることも必要。優しい気持ちはいつも持っていたいです。

 

執着から解き放たれる

 

執着。ある物事に心が深くとらわれて離れないことですが、執着しているということは過去に視点が向いているということなので、過去は変えることができないため執着すると、ただひたすらエネルギーを消費して疲れるだけとなります。

 

今日のエネルギー/KIN114

「『自我を削る』とは、一切の執着から解き放たれること。魔法を感じるには研ぎ澄まされた感性と畏敬の念が必要」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

自我は自分の信念なので必要なのですが、前に出過ぎるとわがままになってしまいます。そこで「自我を削る感覚」がよいようです。他人から評価されたいというような、他人との相対的な関係で自己肯定感を養うのもやめること。そして自然界のような、はるかに自分とはかけ離れた偉大な存在を感じて畏敬の念を持ってみる。すると人からよく思われたいというちっぽけな自分の自己肯定感はなくなり、恥をかいてもいい、そんなこと誰も気にしていないとわかるように。そうなるとまるで魔法のようにラクになれるとか。私もいつもそうでありたいです。

 

真摯に取り組む

 

いま、新しいことをはじめています。覚えなければならないことなどが沢山あり追いつかない自分に焦ってしまいますが、とにかくできないことに意識を向けるのではなくて、目の前のことをひとつひとつ確実に、と思っています。

 

今日のエネルギー/KIN113

「目の前のことに真摯に取り組むこと。奉仕を通じ、分かち合うことで孤独感が霧散する。慈愛を振りまく」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

つい全体像で大まかに捉えてしまうと「できない」となってしまいますが、「ここはできる、ここはできていない」と分けると課題が見えてきますよね。そして今日は慈愛を意識すること。親が自分の子供に対するような深い愛情で人と接すると気持ちよく過ごせそうです。

 

自分の栄養にする

 

自分への栄養は、ひとによってきっといろいろあると思います。音楽だったり、絵画などの芸術、大好きなともだちとのお喋りやお腹を抱えて笑うこと、ひとりで静かに読書する。とにかくなんでも構わないので自分が「心から楽しい!!」と思えることが何よりも大事ですよね。

 

今日のエネルギー/KIN113

「心から楽しいと思える充足感は、自分の栄養となる。すべての期待を手放す。不足感は思考を変えることで解決する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

たとえば期待した映画に限ってつまらなかった、という経験はあると思います。楽しめなかった原因は期待のしすぎ。笑 期待すると頭で考えてるので、その場で感じることが同時には難しくなってきます。とりあえず最初に何も期待せずに楽しんでみて、もし「ん?」になったとしても、「でもまぁ、こうだったんだからいいかな」とすこし思考を変えただけで、案外あっさり納得できたりします。

 

純真さを取り戻す

 

今日は「遊んじゃう」感覚がいいようです。「正解の答え」を探しにいくのではなく、結果なんて気にせずに心を開放して「遊んじゃう」。やっぱり失敗が怖くて正解がすぐに欲しくなりますが、きっと答えはそんなに遠く離れたところにあるわけではないのかも。

 

今日のエネルギー/KIN111

「創造性と遊び心で好きなことに集中する。答えは思いもよらずやってくる。心を開き、純真さを取り戻し、愛そのものを体感する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

まずは体験して、体感して、自分の感覚で感じて答えを見つける。それでどんな答えを出そうとどれも正解なんでしょうね。答えはおまけみたいなもの。大事なことはまず心を、そして自分を開放して、幸せや愛を感じること。

 

運命の仲間

 

大切なひととの出会いはいつも突然やってきます。あとで考えてみると、そういう出会いは初対面の感じがしない、はじめて会うのにちょっと懐かしい感じがすることが多いような気がします。安心感に似ているかなぁ。

 

今日のエネルギー/KIN110

「懐かしさや親近感を感じた人は運命の仲間。怒り、恐れ、嫉妬は果てしない感情のドラマを作るだけ」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

逆にいえば、安心感があるから素直な自分でいられて仲良くなれるのかも知れませんね。それと反対に敵対心みたいなものを抱くと、それはただただ自分を疲れ果てさせるだけでエネルギーの無駄遣いになるのでもったいないです。

 

 

先日、誕生日を迎えました。素敵なタイミングが重なりたくさんお花をいただけて、とても幸せな気持ちで過ごしています。どうもありがとうございます。

 

応援してくれる人

 

今日は朝からバタバタで、日記の更新がこんなお日様がすっかり沈んだ頃になってしまいました。でも、今日一日を振り返るとマヤ暦のエネルギーとぴったりの過ごし方をしていました。

 

今日のエネルギー/KIN109

「自分を支え、応援してくれる人とつきあう。自己卑下は、すべてを閉ざす。深い感情を呼び起こす色、香り、リズムを見つけよう」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

ひとに優しくできる人に、今日はたくさん会いました。みんな本当に優しく私を応援してくれました。一瞬、私は彼女たちに何もしてないと申し訳ないような気持になりかけましたが、ただ嬉しいと感謝すればいいんだとわかりました。素直に自分を応援してくれるひとたちに、心からのありがとうを。

 

道案内人

 

道案内。道や場所を知らないひとを連れていくこと。今日は自分がその役割をするような感覚で一日を過ごすとよさそうです。ヨガを教えることも、施術でお身体を整えることも、その先には健やかな心と体が必ずある。みなさんにご案内したい気持ちと似ているのかもしれません。

 

今日のエネルギー/KIN108

「道案内人の役割に生きる日。あまり考えず、もっとシンプルになること。シンプルな思考は余計なものをそぎ落とすことから始まる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

でも、道案内人の役目はそこまでで、そこから実際に行うのはそのひと。私の場合なら、患者さんや生徒さんの自己治癒力を引き出すお手伝いはしますが、その先の病や症状を治すのはご本人たち。道案内は自分の役割を自覚することも必要なのかなぁ。

 

流れるようにやり遂げる

 

私は思い付きで動くことが多くて、途中でまた気が他に向いたりしてしまい最後までやり遂げられないことが沢山あります。「あとで」が次になかなか来ない。笑 今日はそれが出来るエネルギーが流れているので最後まで流れるように。

 

今日のエネルギー/KIN107

「鋭い分析力が問題解決を容易にする。始めたことを1つひとつ最後まで流れるようにやり遂げる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

この鋭い分析力もきっと大事なんですね。どうしても全体的な雰囲気でざっと大まかに捉えてしまいその先が行き詰って中途半端になるのですが、きちんと分析していれば問題解決もできて最後までやり遂げられるんですね、きっと。

 

エネルギーを放出しよう

 

エネルギーは素直にす~っと流れるときと、なかなかうまくいかなくて悪戦苦闘しながら放出するときなど、いろいろ流れ方があると思います。今日は後者の流れ方。うまくいかないからこそ、とにかく動くんですね。

 

今日のエネルギー/KIN106

「葛藤は才能に結びつく。目一杯、エネルギーを放出することで心が落ち着く。スポーツ、音楽など積極的に挑戦する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

葛藤って、なんだか若さを感じます。ご本人はいろいろ迷ったり、困ったりしてもしかしたら苦しんでいるのかも知れませんがちょっとうらやましいです。笑 運動したり音楽を聴いたりして今日はとにかくエネルギーの放出を!!

 

受容すること

 

今日は受容がテーマのようです。相手の言葉や感情などを自分の価値観で批判したりせず、そのままありのままに受け入れる。ただ、すべてを理解しなければいけないとなると自分の精神が持たなくなるので「受け入れる」より「受け止める」がいいみたいです。

 

今日のエネルギー/105

「受容とは相手の長所を受け取ること。好き嫌いは一時的な感情でしかない。自らの成長で環境までも変えることができる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

これまでは最初にまず、自分の好き嫌いの感情で「受け取るか受け取らないか」を決めていたのかも知れません。でも相手のよいところを受け取ってみると、自分もまた成長できていくのかも知れませんね。

 

 

節度を意識する

 

朝から風に雨がすこし混ざって窓にぽつりぽつり。桜がまだ散らないことを祈ります。今日は節度を意識するとありますが節度ってなんでしょう?「過剰にならない適当な程度、ほどほど」とあります。ほどよいことをキープすること、なんだかとってもいい状態ですね。頃合いを見る、中道を保つと似ているそうです。実践できている人はバランス感覚に優れた人のようですね。

 

今日のエネルギー/KIN104

「節度を意識することで、宇宙の加護を受ける。気づきで終わってこそ再出発がなされる。まいた種は、時間とともに必ず実となる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

過度なことを求めずに、その一方できちんと手も抜かずに行動されてる人は周りからも信頼されます。すぐに目に見えるような結果はでなくても、そういう進み方をされてる人は底辺もしっかりしているので、必ず安定した結果がついてくるとか。あぁ憧れますねぇ。

 

耳を傾ける

 

今日はこころを柔軟にして過ごすといい一日になりそうです。自分の考えなどはちょっと横に置いといて、周りからの意見をきちんと聞く。内容うんぬんよりも、自分の問題で頑なになると苦しい方向に進んでしまいます。きっとそれは必要な助言です。

 

今日のエネルギー/KIN103

「助言、苦言には真剣に耳を傾けよう。頑なになると、道が閉ざされる。公的意識がすべてを守ってくれる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

なぜその助言を話してくれるのか。相手のひとはそのことがとても必要だと考えているからですよね。怒られているような気分になってしまうので少し嫌な気分になってしまうかも知れませんが、でもそれは公的な目線で見るととても大事なこと。そう捉えれば道はまた前に開かれていきます。

 

機転を利かせる

 

機転が利く人っていますよね、切れ味があって賢くて憧れます。その場の状況に応じてパッとすぐに適切な動きや選択ができる。どうすればそうなれるのかいつか学びたいと思ってましたが、「意識」を持つことが秘訣のようです。常に意識をもっていれば、そのことが起きた時にすぐ反応ができますよね。準備をしておくということ。

 

今日のエネルギー/KIN102

「機転が利くのは、そこに意識があるから。こだわりは、芸術性に通じ、1つのスタイルを作り上げる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

こだわりといえば、私は昔からちょっと変わったことや、少し変わったひとたちが好きでした。こだわりを持っている人たちは、私とはまた違うものの見方をしているので興味深いです。お芝居の世界にもそんな魅力的な方たちが沢山いました。

 

新しいひとと触れ合う

 

暖かくなりましたね。今年も桜がきれいに咲いてます。落ち着かない日々のなかですが時間はちゃんと流れていることを実感します。もうすぐ4月ですね。また新しい出会いが待っています。

 

今日のエネルギー/KIN101

「身内に施すことで喜びを感じる。新しい人との触れ合いでパワーアップ。限界を超えて次のステージへ」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

ひとが成長するときは「出会い」なのかなと思います。楽しいとき、困ったことがあったとき、自分とは違った考え方の人たちと出会ってお互いに刺激をもらいながら新しい見かたを知りパワーアップする。そうやって、それぞれの自分の道を前に進んでいくんですよね。

 

 

きのう、レッスンで生徒さんが手作りの「ぽんかんピール」をくれました。購入したものとは違いやわらかくて苦みも少なくて最高に美味しかったです。わが家の桜の枝も咲き始めました。淡いピンク色がほわっと優しくて癒されます。

 

公平無私な姿勢

 

今日は、えこひいきしてはダメな日です。自分の利益や主観などを判断基準にせず物事を偏ることなく公平に進める、今日はそんなエネルギーが流れているようなので上手に乗っかりましょう。笑

 

今日のエネルギー/KIN100

「公平無私な姿勢に真のリーダー像あり。責任を持つとすべてが解消へ向かう。本番でこそ成長する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

責任を持つとなんだか魔法のように変わることってありますよね。腹をくくるとか覚悟を決める感覚になると、進むべき道筋が見えてきて迷いがなくなります。エネルギーも分散されず1本に集約されて、強く逞しくなります

 

プライドを捨てる

 

ときにはさみしさや孤独感は必要ですね。楽しい時間はもちろん心を豊かにしてくれるのでとても大事ですが、孤独なひとりの時間のなかで得られるものもたくさんあります。

 

今日のエネルギー/KIN99

「孤独感、孤高の中で、悟ることあり。プライドを捨てることで格段に理解者が増大する。日々改善の意識が成長を加速させる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

なにかがうまくいかないとき、自分のプライドが妨げになっていることがあります。それを取り除くのは本当に大変です。だってそのことで今まで自分を自分で守ってきたわけですから。どうしてそれをしてきたのか。自分への理解を深めていくとそれは必要なかったのかなと思えるようにもなって、だんだん次のステージに進めるようになってきます。もしひとりで難しかったら勇気を出して周りの人に力をお借りするのもいいかも。

 

無条件に認めること

 

どうしても「○○だったらいいよ」「△△だったら」と、認める前に条件をつけたくなります。度量が狭いというか、いちばん大事な部分を見れてないのかも知れませんね。もっと広く大きな目線で。

 

今日のエネルギー/KIN98

「グローバルな意識を持つことで自分なりの枠は外れる。無条件に認めること。それは『愛する』ことにつながる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

条件をつけずに認めること、それは愛なんですね。どんな条件でもいい。いろいろな条件よりもっとその奥にある大事なものを見る。すると、自分の中の枠が外れて自由に広がっていく感覚になれるんですね。いろいろなものを愛したいですね。

 

自分のペースを守る

 

周りの影響をあまり受けず、もちろんご本人たちに葛藤などはあるはずですが、いつも自分のペースでいるひとたちは素敵です。自覚がなくても無理をしてるとどうしても周りにもそれは伝わります。だから自分のためだじゃなくて、周りの人たちのためにも自分らしくいることは大切なんですよね。

 

今日のエネルギー/KIN97

「自分のペースを守ることも大切。無理すると、後でツケが回ってくる。あせって結論を出す必要はない」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

私も以前は、つい焦って結論を出してしまってました。相手を気にし過ぎてしまい自分の呼吸を忘れてしまうんですよね。でもすぐに結論を出さなくてもそれは失礼なことではない、とわかったら、自分の呼吸を取り戻せました。

 

見識を広げる

 

今日は土曜日。朝もいつもより、のんびりした空気にあう番組が多いですよね。今朝は「サワコの朝」を観てました。野村萬斎さん親子3代が出演されてて、狂言の世界での気苦労や遣り甲斐、そして家族であるなかでのそれぞれの心のうちなどが聞けて、私たちには知らない世界を知ることができて楽しかったです。

 

今日のエネルギー/KIN96

「一途に進めば信頼を得る。見識を広げないと、自分自身のストレスが増す。物事にはさまざまな側面があることを知る」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

見識を広めるにはどうしたらよいかを調べていたらこんな意見を見つけました。「旅をする。本を読む。人と会う。どれが欠けてもならない。人間は知識を得ることは容易であるが、そこには認知の罠が隠されていて誤認や先入観や思い込みもある。それを取り除きニュートラルにする為に人と会い、例外の多さや多様性を皮膚感覚で理解しなければならない。また生活の中で、知識の欠落から多くの誤解を自分に蓄積してしまうので、それを別の角度から考察する機会を得たり、旅によって浄化することも必要なのです」とありました。素敵な説明ですね。

 

マイナスにはかかわらない

 

朝からテレビをつけると、マイナスな情報がずっと流れています。みんなが安心して暮らせるために世の中の注意喚起をするのが情報番組なので仕方がないのですが、マイナス情報にストレスを感じてテレビをつけないひとは増えてるみたいですね。

 

今日のエネルギー/KIN95

「たとえ他人にどう思われようと、自分を信じ、夢とビジョンを生きる。マイナスと感じるものには一切かかわらない」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

昨日、いつもお世話になっている知人から「これからはもうこれまでとは違ったやり方で、ガラリと方向転換することを考えましょ」と私もアドバイスをもらったばかりです。自分を信じて夢に向かう、ですね。

 

透明になる

 

これまでの自分の考え方を一度、手放してみることはとてもいいようですね。でもそれは簡単なことではないと思います。でもこれができると「魔法」が起こるみたいです。私もできるようになりたいなぁ。

 

今日のエネルギー/KIN94

「透明になったとき、魔法があなたの中を自由に流れるようになる。常に自然体でありのままの姿で、何も要求せず」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

誰でも「自由」には憧れると思います。自由になれない理由は人それぞれいろいろな状況があるんだと思いますが、そのなかに「自分のこれまでの思い込み」も入ってるのかも知れません。頑張って脱皮しちゃうと自然体になれるようです。

 

 

先週、いつも東川口から自転車でヨガに通ってくださる健康的な生徒さんから、九州の文旦をいただきました。わが家の猫、ぐれこが狙っていたのは.....。笑

 

わたしのつくりたい世界

 

 

いま、世界的にジェンダーフリーについて話し合う機会が増えています。私は、日本で生まれ育ったのでそのあたりは閉ざされた日本の感覚しかないため、あまりバランスの取れたものではないのかも知れません。そしてハラスメント問題はいろいろな現場で起きているんだと想像します。そこにいるお互いの立場がフラットであれば起きない問題です。

 

 

ここからは、少し私のお話をさせていただきます。

私は子供の頃から脊椎側弯症だったので整体やカイロ、鍼灸、そのほかいろいろな施術に通っていました。そんななかでセクハラのような施術も受けました。でも、当時はとても怖かったのに、なぜか親にも誰にも言えませんでした。

 

 

その後、私は自分の身体を調整することを他人に任せるのはやめ、自分自身で整えたいと考えるようになり、ヨガや気功を自分の調整のために学び、そのまま自然の流れで指導者にもなりました。でもまたそこで、もっと健康なからだを求めて、長年ずっとわだかまりの残ったままだった整体の世界にはいりました。

 

 

東京療術学院で整体を学びました。ほとんど男性の世界でしたが、50人中、4位で卒業しました。そこで学んだものは、ずっと認めたくはありませんでしたが、私が過去に受けた施術はやはり必要のないものだったという事実でした。(そして見た目だけを真っ直ぐにすることを求める整体や整形外科では健康な身体をつくることは難しいということも、数年間数百万円の授業料をかけて学びました。卒業後はひとりも整体はしていません。その後、また私は他人を頼ることを諦めヨガ指導に戻りました。そのあと、しんそう療方と出会い、ふたたび施術に大きな可能性を感じて戻ってきました。)

 

 

この世界は男性がほとんどです。男性の施術を避けたいという理由で当院へ遠方からお越し下さる方もいらっしゃいます。お話をうかがうとなんともいえない、あいまいな不思議な施術を受けた経験のお話をされる方もなかにはいらっしゃいます。

どの世界でも同じですが、素晴らしい先生がほとんどだと思います。一生懸命に学ばれて、日々患者さんのお身体の改善を通して研究を積み重ね、どうすればもっと健康なお身体を取り戻せるか真摯に向き合っていらっしゃいます。そしてとても効果的な施術が世の中にはたくさん存在することはもちろん知っています。でも、おそらくそのなかにごく一部、不思議な感覚を持たれてる方が存在しているのも事実だと思います。大事なのは患者さんは不安のなかでその施術を受けたということです。これでは脳が不安を感じているので施術効果は残念ながら出ないと思います。

 

 

私たちのような施術家を患者側からのクレーム対応から守るために、いろいろな施術家協会の団体があり、もちろん保険にも加入しています。でも患者さんのセクハラの対応をされいる団体はまだ見つけられていません。「施術セクハラ」でネット検索しても、ヤフー知恵袋くらいしか見つからず、あとは弁護士依頼か、過去の裁判事例しか出てきません。中学生や高校生の女の子が、親にもなぜか怖くて話せないのにひとりで弁護士に相談は現実的には難しいと思います。

 

 

そんな疑問を知人に話すと、川口市議会議員の荻野梓さんが性教育やセクハラなどについていろいろなひとの意見を募っている、という情報をもらえたのでご相談に行かせてもらいました。荻野議員さんからも、「私たちは法律を作るか変えることしかできません。たしかに少し調べてみてもセクハラ対応をされている団体は見つけられない。患者側から証拠をとることは難しい。そもそも一般的なセクハラと同じでどんなに効果のある施術であろうと患者本人がセクハラと感じたらセクハラになる。これは人によって感覚が違うので、本人が納得しているかどうかが大事になってくると思います。」と話されていました。

 

 

ご相談させてもらいながら、「例えば病院での手術前の承諾書のように身体のどの部分には触れて欲しくないかなどの一筆を書くことを法律化できれば、施術家もそれぞれに対応できるし、万が一なにかあったときは患者側としてそのサインが証拠になる」というようなお話もさせてもらいました。

 

 

 

私は裁判などで戦いたいわけではありません。もっと安心して気持ちよく施術を受けていただける環境があるといいなと思っているだけです。たとえ患者側が裁判で勝ってもたくさんの人間の前でその事実を話さなければいけないことは勝利ではないと思っています。電車内の痴漢のように、女性側が慰謝料目的で男性に身に覚えのない濡れ衣を着せている問題もあるのが事実です。患者側と施術家側のお互いを守るために、密室での出来事ではなく、もっとこれからは風通しのよい安心な治療院をつくっていけるように、なにか対策が必要なんじゃないかと私は考えています。

 

 

私ひとりではなかなか前へ進めません。でもなにか新しいことをはじめたほうがお身体の不調でお困りの方にも、そして私たち施術家たちにもよいと感じます。なにかアイデアや、ご意見、お話をされたい方などよかったらお気軽にご連絡ください。メールで意見交換などできたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

未知への挑戦

 

自分の知らない、まだ足を踏み込んでいない領域は少し怖さを感じます。でも多少のリスクを覚悟してでも、今日はちょっと進んでみるといい流れに乗れるようです。多少のキズは気にせずとにかく前進ですね。

 

今日のエネルギー/KIN93

「勇気を出してリスクを負うべき日。馴染みのない領域が、度量を広めてくれる。未知への挑戦が勇気を奮い起こしてくれる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

私も長年ずっと気になっていたことがありました。時間の流れのなかで忘れてることもありましたが、まだ納得はできていないのでまた戻るの繰り返しでした。自分になにができるのか、そしてそのことはリスクを負うことになるのかも知れません。でもやっと、やってみようという気持ちになれました。

 

希望を感じる

 

苦しいときに明るい方向を見るのは大変なこと。震災や災害からの復興番組などを見る機会があると本当にそう思うのですが、でもそこに「希望」があると前に進める力になるんですよね。希望があるというか見つけるんです。

 

今日のエネルギー/KIN92

「こだわりが『味』を出す。希望的な発言に人望が集まる。希望とは自分自身が変わること。希望を感じられるひとは、明るく前向きな人」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

養老孟子さんも「希望とは自分が変わること」という本を出されているそうですね。「自然を毎日10分見続けるだけでも、人は変わる。希望はそこにあります。世界が変わることではなく、自分が変わることにあるのです」とありました。そういうことなんですね。どんな状況でもそんな人間でいれたらと感じました。

 

こころの反応

 

日々生活していると、いろいろと感情が芽生えてくるシーンがあると思います。今日はそこを意識していくといいみたいです。色やかたち、空気、音、質感、味わいなどの五感が目覚めてくるような感覚を、どうぞ今日は大切にして過ごしてみてください。

 

今日のエネルギー/KIN91

「心の反応を意識すると芸術につながる。喜びを伝えることを意識するとヒラメキがあふれ出る。たまには環境を変えてみる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

ヒラメキとは優れた考えなどが瞬間的に思い浮かぶこと、直感的な鋭さ。自分から行動を起こすにはやっぱりエネルギーがないとできません。芸術は美術館などに出掛けなくても、毎日の食事のお箸の並べ方とか、モノの配置とか、実は生活のなかの小さなものにもたくさんあります。ぜひ楽しみましょう。

 

 

きのうはホワイトデーだったんですね。誰にもチョコを渡していない私には青天の霹靂。男性患者さんがきのうの施術の際、ご丁寧にチョコをくださいました。私は女子度が低いのでほとんどチョコをあげた経験がありません。逆に、舞台に出ていた頃はジャニーズの方とご一緒させていただいたときなどは沢山の出待ちの女性がいて、楽屋入り口で私も話しかけられればお話していましたのでバレンタインもたくさんもらっていました。気分はタカラジェンヌでした。笑

 

懐かしい気持ち

 

家族のような人たち。直接、血は繋がってなくても、一緒に喜怒哀楽を共にできるひとたちの存在はとても心を安定させてくれます。はじめて会うのに懐かしい感覚が持てるひととは、いい仲間になれそうです。

 

今日のエネルギー/KIN90

「喜怒哀楽を共有する人を増やす。家族の拡大のようなもの。懐かしい気持ちが安らぎへと導いてくれる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

いまはお休み中ですが川口市安行の古民家カフェ「木ぐらし」さんで働いているみなさんに、自律神経を整えるヨガレッスンを出張でさせてもらってます。みなさん40年来のお仲間たちでいつも本当に楽しそうに働いていて、私の憧れです。「家族よりも長い時間を一緒に過ごしてるのよ」と笑いながらおっしゃる姿は、充実してて安定した輝きに満ちています。