わたしのつくりたい世界

 

 

いま、世界的にジェンダーフリーについて話し合う機会が増えています。私は、日本で生まれ育ったのでそのあたりは閉ざされた日本の感覚しかないため、あまりバランスの取れたものではないのかも知れません。そしてハラスメント問題はいろいろな現場で起きているんだと想像します。そこにいるお互いの立場がフラットであれば起きない問題です。

 

 

ここからは、少し私のお話をさせていただきます。

私は子供の頃から脊椎側弯症だったので整体やカイロ、鍼灸、そのほかいろいろな施術に通っていました。そんななかでセクハラのような施術も受けました。でも、当時はとても怖かったのに、なぜか親にも誰にも言えませんでした。

 

 

その後、私は自分の身体を調整することを他人に任せるのはやめ、自分自身で整えたいと考えるようになり、ヨガや気功を自分の調整のために学び、そのまま自然の流れで指導者にもなりました。でもまたそこで、もっと健康なからだを求めて、長年ずっとわだかまりの残ったままだった整体の世界にはいりました。

 

 

東京療術学院で整体を学びました。ほとんど男性の世界でしたが、50人中、4位で卒業しました。そこで学んだものは、ずっと認めたくはありませんでしたが、私が過去に受けた施術はやはり必要のないものだったという事実でした。(そして見た目だけを真っ直ぐにすることを求める整体や整形外科では健康な身体をつくることは難しいということも、数年間数百万円の授業料をかけて学びました。卒業後はひとりも整体はしていません。その後、また私は他人を頼ることを諦めヨガ指導に戻りました。そのあと、しんそう療方と出会い、ふたたび施術に大きな可能性を感じて戻ってきました。)

 

 

この世界は男性がほとんどです。男性の施術を避けたいという理由で当院へ遠方からお越し下さる方もいらっしゃいます。お話をうかがうとなんともいえない、あいまいな不思議な施術を受けた経験のお話をされる方もなかにはいらっしゃいます。

どの世界でも同じですが、素晴らしい先生がほとんどだと思います。一生懸命に学ばれて、日々患者さんのお身体の改善を通して研究を積み重ね、どうすればもっと健康なお身体を取り戻せるか真摯に向き合っていらっしゃいます。そしてとても効果的な施術が世の中にはたくさん存在することはもちろん知っています。でも、おそらくそのなかにごく一部、不思議な感覚を持たれてる方が存在しているのも事実だと思います。大事なのは患者さんは不安のなかでその施術を受けたということです。これでは脳が不安を感じているので施術効果は残念ながら出ないと思います。

 

 

私たちのような施術家を患者側からのクレーム対応から守るために、いろいろな施術家協会の団体があり、もちろん保険にも加入しています。でも患者さんのセクハラの対応をされいる団体はまだ見つけられていません。「施術セクハラ」でネット検索しても、ヤフー知恵袋くらいしか見つからず、あとは弁護士依頼か、過去の裁判事例しか出てきません。中学生や高校生の女の子が、親にもなぜか怖くて話せないのにひとりで弁護士に相談は現実的には難しいと思います。

 

 

そんな疑問を知人に話すと、川口市議会議員の荻野梓さんが性教育やセクハラなどについていろいろなひとの意見を募っている、という情報をもらえたのでご相談に行かせてもらいました。荻野議員さんからも、「私たちは法律を作るか変えることしかできません。たしかに少し調べてみてもセクハラ対応をされている団体は見つけられない。患者側から証拠をとることは難しい。そもそも一般的なセクハラと同じでどんなに効果のある施術であろうと患者本人がセクハラと感じたらセクハラになる。これは人によって感覚が違うので、本人が納得しているかどうかが大事になってくると思います。」と話されていました。

 

 

ご相談させてもらいながら、「例えば病院での手術前の承諾書のように身体のどの部分には触れて欲しくないかなどの一筆を書くことを法律化できれば、施術家もそれぞれに対応できるし、万が一なにかあったときは患者側としてそのサインが証拠になる」というようなお話もさせてもらいました。

 

 

 

私は裁判などで戦いたいわけではありません。もっと安心して気持ちよく施術を受けていただける環境があるといいなと思っているだけです。たとえ患者側が裁判で勝ってもたくさんの人間の前でその事実を話さなければいけないことは勝利ではないと思っています。電車内の痴漢のように、女性側が慰謝料目的で男性に身に覚えのない濡れ衣を着せている問題もあるのが事実です。患者側と施術家側のお互いを守るために、密室での出来事ではなく、もっとこれからは風通しのよい安心な治療院をつくっていけるように、なにか対策が必要なんじゃないかと私は考えています。

 

 

私ひとりではなかなか前へ進めません。でもなにか新しいことをはじめたほうがお身体の不調でお困りの方にも、そして私たち施術家たちにもよいと感じます。なにかアイデアや、ご意見、お話をされたい方などよかったらお気軽にご連絡ください。メールで意見交換などできたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

続きを読む

分かち合うこと

続きを読む

自分を満たす

続きを読む