痛みから解放される

 

肩こりや股関節の痛みでお悩みだった40歳のKさんは、初診の方でしたので先日2回目の無料施術を受けていただきました。普段、股関節痛は出るときと出ない時がある様子で、1回目の施術にお越しの際は股関節痛は出ていなくて肩こりはあったようですが初回の施術で肩こりは解消された様子でした。ただ、2回目の施術の数日前にとても身体を頑張って動かした日があったようで、2回目の時は股関節痛がでていた状態でのお越しでした。施術が終わり、ご帰宅されたあとすぐにメールをいただきましたので、下記にそのままご紹介させていただきます。

*****************************

 

今日は丁寧に施術してくださり、ありがとうございました。

帰ってきて愕然としました❗

股関節の痛み、ほぼ消えているんですけどっ💦

あまりの衝撃に主人に電話で話したら、言葉を失っていました❗

本当に本当にありがとうございました。

 

*****************************

こんな風に喜んでいただけると本当に嬉しくて幸せな気分になります。本当に手足をかるくゆらゆらと揺らすとても優しい刺激だけで人間の身体が症状のなかったときの元に戻っていくというのは不思議で神秘的です。その後、とても嬉しかったようでKさんは「メールだけじゃおさまらなくて」とお電話も下さいましたので、その際に「私が治したわけではなくて、Kさんが自分のちからで戻したんですよ」とお伝えしておきました。そこはとても大事な部分だと私は感じています。

 

 

0 コメント

嬉しかったことたち

 

今日、施術にお越しいただいたAさんから宮島のお土産を頂きました。この時期は『牡蠣』が美味しいのでどちらも堪能でき、とても充実された旅のようでした。旅行に行かれるとどうしても普段よりたくさん歩くので足腰に負担がかかります。Aさんも旅先で痛みが出たようですが一晩で解消されたようです。ぐっすり熟睡されながらご自分でリセットできるようになられたと実感され、喜ばれていました。

 

 

 

長い間、ずっと肩こりに悩んでいたYさんはしんそう療方ですっかり改善され、いまは時折メンテナンスに伺っています。そのYさんのご自宅付近の珈琲豆やさんのもの。以前から伺うたび気になっていたのですが、やっとタイミングよく我が家の珈琲豆が切れたのでチャレンジしてみました。初めてのお店なのでとりあえずお気に入りのものを見つけるまでは100g購入、これからゆっくり自分好みのものを探します。今回は『コクと甘み』という言葉に惹かれ「コスタリカ」という珈琲豆を選びました。ブレンドもあったのですが自分の好みを知りたかったので、こちらのストレートを。今朝飲んでみたらやわらかいコクでとても飲みやすかったです。

 

 たまたまこの春に、関西方面へ出掛けることになり旅行本を手に取っていたら骨太そうなものを発見しました。発行人の考え方が気に入りました。

 

『感動しないものは取り上げないで本音で自分の言葉で書くこと。写真撮影は特殊レンズを使って誇張をせずにありのままを撮ること。取り上げた場所や人とは発刊後も継続的に交流を持つこと』

 

これまでのガイドブックは写真は誇張されたものが多く、食事やお土産などもすすめられても素直に受け入れられないものばかりでしたのでどんなことにも本音を好む私には嬉しい本です。

0 コメント

信じることが大事です

 先日こちらの日記でもご紹介させていただいたAさんから、とてもカラダに良さそうな食材をいただきました。ご馳走様です!!

Aさんは右股関節に痛みがあり、それをかばうようにして長い年月の間、左足に重心をかけて生活をされてきました。その為、仰向けで真っ直ぐに寝ていてもお身体の中心には両足のセンターではなく左足があり、右足は長年の痛みのため体重がかけられないこともあり、右に突き出している....といった状態でした。「左足しか信じてなくて右足を全く信用してない」そんな印象です。

 

今回は左右の足の長さの違いをこれ以上広げたくないというものでしたがその際ご本人から「股関節のことは気にしないでください。じゃないと長くなってしまうので」と言われてふと気になりました。そして1度目の施術後、股関節の状態がかなり改善されいることに感激されご報告をいただきました。2度目の施術の際はだいぶ身体の中心に両足のセンターが戻って改善してました。「このへんで妥協しておこうか」と思っていた股関節痛を「ひょっとしたら改善しそうな予感がする」と思うようになられたと。信じると身体は反応し始めます。

0 コメント

こころの影響力

 

 

 

 

 

『きのう、こんなところへ行って来たの』と、Aさんは埼玉県飯能市にある「薬香草園」という生活の木さんが運営するハーブガーデンへ行かれたそうで、そこのドレッシングをくださいました。優しいお気遣いがとても嬉しかったです。私も暖かくなったら行ってみたいなぁ。(ランチがとても美味しそうですよ)

 

 

しんそう療方は、世間一般ではほとんど知られていないのでほとんどの患者さんが口コミです。そんななか、初めていらしたAさんはどなたかのご紹介ではなく、ずっと以前から股関節を痛めてて様々な療法をお調べになられたようで、評判のよい施術所のその元の...その元の...と施術の流れを辿ってこられて、いちばん奥の基本にあった『しんそう療方』を探し出してお越しいただきました。『基本が一番いいと思って』。初対面でしたがAさんの「逞しく美しく生きる姿勢」を感じとることができたような気がしました。

お話しを聞くと、長い間ずっと調子は良かったのに、愛するペットを喪ってからまた痛み出すようになったそうでした。こころが身体に与える影響は私たちの想像以上です。でも逆も同じく、身体の調子が整うと、なぜか不思議にこころもラクになっていきます。卵が先かにわとりが先か。しんそう療方の施術で身体が整うと本当にこころまで整ってきます。

 

0 コメント

両足で立つ

 

ふと、信号待ちや歯磨きなどの際、ちゃんと両足で立っていますか?

 

 

しんそう療方の施術にお越しになるお身体のどこかに不具合がでている方は、みなさん真っ直ぐには立てていません。『木』をイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、地面に「根」をしっかりと張って雨や風から身を守るように私たち人間も、この『重力』のある地球上では両足できちんと真っ直ぐ立たなければなりません。ご自分はもちろんちゃんと真っ直ぐに立っている感覚でも、周囲から見るとそうではないことも。お写真で撮ればすぐにわかりますよね。

 

きちんと両足でお身体を支えていれば体重はふたつの足に半分ずつですが、片足で立つとその股関節にかかる負担はいっきょに体重の約3倍にもなるそうです。もちろん股関節だけでなく、膝関節や足首等にも負担は大きくのしかかってきます。この地球上には『ニュートンの法則』の「作用/反作用」も働いています。例えば体重50kgの人が地面を踏むと、同じ50kgの力が地面から自分の足に下から突き上げるように負担がかかってきます。(ですので体重が重い人はどうしても足の関節を痛めやすいです。)ただでさえ負担がかかる足なのに、片方の足に体重がかかっては大変です。まずはしっかりと両足でバランスよく真っ直ぐ立ってください。しんそう療方の施術を受けていただくと、みなさん施術後からすぐに真っ直ぐに立てるようになります。

 

0 コメント

ご馳走様でした

 

ちょっとご報告が遅れてしまいましたが、先日、施術にお越しいただいたYさんから和菓子を頂きました。

寒くなると、きっと、からだが欲しているんだと思いますが甘いものが本当に美味しく感じられますよね。

とても美味しかったです、ご馳走様でした。Yさんはバレエをされていらっしゃいますが、最近、股関節と足裏に痛みを感じていてお稽古も控えていたそうです。この4回目の施術にいらしたときは、痛みが消えたと話してました。もうあと1回ほどで調整も終わるような気がしています。

 

 

0 コメント