メンテナンスの大切さ

 

以前に数回程、施術を受けていただいたことのあるKさんから久し振りにご予約をいただきました。先日、疲れからか腰を痛めてしまい整形外科に行くと「骨盤が歪んでいる」と言われたらしいのです。私もみなさんに施術をさせていただいていて思うのが、骨盤の歪みだけではなく、足の長さや腕の長さ、動き方などが本当に左右が揃っていない方が目立ちます。そのことが実は原因となって最後は何かの小さなきっかけでバランスを崩し痛みを発症します。『そうなる前に月1回くらいのメンテナンスは大事かも知れない』とKさんは改めて仰っていました。故障してしまうと修復するまでに痛みや時間を伴いますが、日頃のメンテナンスでそれらは予防することができます。(Kさんが新井宿駅前の『hoppe*hoppe』のパンを買ってきてくださいました。とても美味しそうな香りに感激です。お気遣いありがとうございました。美味しくいただきます)

 

 

0 コメント

ご馳走さまでした

 

   大学生のCさんは、まだお若いのでご本人には痛みや不定愁訴などはとくに出ていないのですが、後ろ姿になると背中の肋骨の終わりの高さとウエストの高さにハッキリと左右差があり、たまたま肌荒れの悩みで「腸の働きを改善するためには骨盤を整えることが重要」と考えて『しんそう療方』の施術を受けにいらしてくださいました。数回通っていただいてますが、その間に一人旅で金沢へ、ご友人とイギリスへ旅に出られていて、それぞれのお土産を買ってきてくださいました。写真左は、金沢のくるみの砂糖漬けのお菓子。真ん中はイギリスのショートブレッド(隣りはくるみの砂糖漬けです)、右の写真はそのショートブレッドとアールグレイ紅茶です。

  『金沢も、イギリスも、すごく楽しかったです。イギリス人は本当によくお茶を飲んでいました』施術が終わったあとにそんなお土産話を聞きながら、とても美味しくいただきました。Cさんの骨盤も肋骨の高さも、左右がだいぶ揃ってきたので安心しています。

 

0 コメント

ごちそうさまでした

 

先日、施術にお越しいただいたCさんが「学芸大学へ行って来たので」と、学芸大学に1店舗しかない老舗の洋菓子店『マッターホーン』さんの焼き菓子をくださいました。私は初めていただきましたが、なんていうんでしょうか、とても素直で優しい味がしました。外国人のおばあちゃんが作ってくれたような味です。こちらのイラストもとても素敵ですね。Cさんは施術前は骨盤の歪みから上半身が右へ倒れていましたが、施術後は真っ直ぐ立てるようになっていました。

 

こちらはいつも遠くからお越しのSさんから、手作りの頂き物です。今の時代、なかなかお目にかかれない手作りのお餅。なんとご実家で作られたそうです。真空パックで売られているものとは全然ちがいますよね~頂くのが楽しみです。そして可愛らしい焼き芋もいただきました。甘くて美味しかったです。Sさんは施術前は、だいぶ首がつまってお辛そうでしたが施術後は首もとてもラクになられた様子でした。

0 コメント

痛みから解放される

 

肩こりや股関節の痛みでお悩みだった40歳のKさんは、初診の方でしたので先日2回目の無料施術を受けていただきました。普段、股関節痛は出るときと出ない時がある様子で、1回目の施術にお越しの際は股関節痛は出ていなくて肩こりはあったようですが初回の施術で肩こりは解消された様子でした。ただ、2回目の施術の数日前にとても身体を頑張って動かした日があったようで、2回目の時は股関節痛がでていた状態でのお越しでした。施術が終わり、ご帰宅されたあとすぐにメールをいただきましたので、下記にそのままご紹介させていただきます。

*****************************

 

今日は丁寧に施術してくださり、ありがとうございました。

帰ってきて愕然としました❗

股関節の痛み、ほぼ消えているんですけどっ💦

あまりの衝撃に主人に電話で話したら、言葉を失っていました❗

本当に本当にありがとうございました。

 

*****************************

こんな風に喜んでいただけると本当に嬉しくて幸せな気分になります。本当に手足をかるくゆらゆらと揺らすとても優しい刺激だけで人間の身体が症状のなかったときの元に戻っていくというのは不思議で神秘的です。その後、とても嬉しかったようでKさんは「メールだけじゃおさまらなくて」とお電話も下さいましたので、その際に「私が治したわけではなくて、Kさんが自分のちからで戻したんですよ」とお伝えしておきました。そこはとても大事な部分だと私は感じています。

 

 

0 コメント

信じることが大事です

 先日こちらの日記でもご紹介させていただいたAさんから、とてもカラダに良さそうな食材をいただきました。ご馳走様です!!

Aさんは右股関節に痛みがあり、それをかばうようにして長い年月の間、左足に重心をかけて生活をされてきました。その為、仰向けで真っ直ぐに寝ていてもお身体の中心には両足のセンターではなく左足があり、右足は長年の痛みのため体重がかけられないこともあり、右に突き出している....といった状態でした。「左足しか信じてなくて右足を全く信用してない」そんな印象です。

 

今回は左右の足の長さの違いをこれ以上広げたくないというものでしたがその際ご本人から「股関節のことは気にしないでください。じゃないと長くなってしまうので」と言われてふと気になりました。そして1度目の施術後、股関節の状態がかなり改善されいることに感激されご報告をいただきました。2度目の施術の際はだいぶ身体の中心に両足のセンターが戻って改善してました。「このへんで妥協しておこうか」と思っていた股関節痛を「ひょっとしたら改善しそうな予感がする」と思うようになられたと。信じると身体は反応し始めます。

0 コメント

嬉しいご報告をいただきました

 先日、治療に通ってくださっているKさんから「しんそう療方をブログに掲載してもいいですか?」と聞かれ「もちろんです!!」とお伝えしたら、早速、その日にすぐ更新されていて感動しました。(機械おんちの私は憧れです)手芸などのお裁縫がとてもお上手な方のようで、可愛い手作りの作品がたくさん紹介されているブログでした。そんな可愛らしいSさんのブログに『整う』というタイトルでしんそう療方の体験談が紹介されています。私よりもとても的確に施術の説明が書かれてあり、とても参考になると思いますので、みなさんもご覧になってみてください。→こちら

 

0 コメント

登校できました

 

中学2年生のYくんのお話しです。夏休み明けの2学期あたりから毎朝、激しい腹痛に襲われてもうひと月以上、学校に登校できなくなったようでした。早速、病院で診てもらいましたが「過敏性腸症候群」と診断を受けて腸を整える整腸剤を処方されたようですがいっこうに改善せず。その後、2か所の病院にも行きましたが同じ診断で、やはり整腸剤のビオフェルミンのようなお薬をもらい、激しい腹痛を訴えるYくんに最後は「気のせいじゃないですか?」と伝えたそうです。

私が『背骨の歪みが自立神経のバランスを崩していまい、腹痛を起こす場合もある』と伝えると、お母さまはYくんを説得して一緒にご来院されました。Yくんにも納得してもらえるようにプリントに書いてカラダのことを説明し、施術を受けてもらいました。後日、お母さまから「翌日は少し遅刻して登校できて、今はもう毎日普通に登校しています」とご報告を受け、たった1回の施術でこんな結果になるなんてと私も本当に嬉しかったです。施術もですが、Yくん自身の『治りたい、学校に行きたい』という気持ちがいちばん効果があったような気がします。背骨が歪むとその気持ちも発揮されにくくなるので、お手伝いできて本当に良かったです。

 

0 コメント

嬉しい気持ち

日記もすっかりご無沙汰してしまいました。しんそう療方は、まだこのあたりの地域ではほとんどと言ってよいほど知られていないため『身体のゆがみを取りながらお身体の不調が消えてゆく』という体験を通して、本当の痛みの原因を知っていただこうと思い、少しの間ですが、無料体験をさせてもらっていました。お身体に不調を抱えるみなさんが、ゆがみのお話しを聞きながら頭で納得されて、施術を受け、日常でも意識を変えてもらうことで、からだが元の健康な状態に戻られていくのを、私もそのお手伝いをさせてもらいながらとても嬉しい気持ちで見守っていました。

 

無料体験の方には適用できなかったのですが、通常は初めてしんそうの施術を受けていただいた方は2回目の施術を無料で行っています。これまでのような一般的な整体やマッサージ等とは違い、小さな刺激の施術になりますのでお身体もゆっくり元に戻ろうとしていきます。一般的な痛みをその場で取る施術とは違いますので効果もその日すぐに感じない方もいらっしゃいます。みなさんにそうさせていただいてるのですが、先日、若い女性の患者さんが写真の『りんご酢』をお礼にと、そっとくださいました。お若いのにとても素敵な気遣いに感動しました。

0 コメント

正座の座り方

 

こちらの上のお写真、おわかりになりますか?

ちょっと実験で患者さんに「正座の座り方」にご協力してもらいました。左のお写真は、左右の足裏を重ねないで座っていただいたもので骨盤の高さは床と平行です。真ん中のお写真は、右の足裏の上に左足裏を重ねて座ったもの。そして右の写真は、左足裏の上に右足裏を重ねて座ったもの。足裏を重ねて座ると、土台の骨盤が左右どちらかに下がるのがわかりますね?その骨盤の上に、そのまま背骨が伸びていこうとして歪んでいきます。(植物たちと一緒なんですね、下の根っこのほうでどんなに曲がっていようと「芽」は真っ直ぐ太陽に向かって伸びていくように、この地球上のものには全て『重力』がかかっているので素直に上に伸びていきます)ただ、毎日そのように悪い姿勢で過ごしていると脳の感覚が誤作動を始めるので、曲がっているものを「いつもやってるから正しい」と認識し、ご本人もわからなくなっていきます。

 

よく患者さんたちに「日々の生活のなかの『癖』が自分の身体を歪ませていきます」とお話しをさせてもらっています。何気なく立っているときの姿勢、歩き方、カバンの持ち方、寝ている体勢、テレビなどを見ているときの姿勢などなど、実はそれらは姿勢に影響が出るのでとても大切なんです。脳は何を『正しい』のかと判断するときに、いつも慣れ親しんだものを『正しい』と判断するようです。悪い姿勢で過ごしていると、それを正しい姿勢だと脳が勘違いしていき、それが蓄積して結果、お身体が歪んでしまいます。実は、施術も大事なのですが「ちょっとした意識」も同じように大事です。

 

0 コメント

両足で立つ

 

ふと、信号待ちや歯磨きなどの際、ちゃんと両足で立っていますか?

 

 

しんそう療方の施術にお越しになるお身体のどこかに不具合がでている方は、みなさん真っ直ぐには立てていません。『木』をイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、地面に「根」をしっかりと張って雨や風から身を守るように私たち人間も、この『重力』のある地球上では両足できちんと真っ直ぐ立たなければなりません。ご自分はもちろんちゃんと真っ直ぐに立っている感覚でも、周囲から見るとそうではないことも。お写真で撮ればすぐにわかりますよね。

 

きちんと両足でお身体を支えていれば体重はふたつの足に半分ずつですが、片足で立つとその股関節にかかる負担はいっきょに体重の約3倍にもなるそうです。もちろん股関節だけでなく、膝関節や足首等にも負担は大きくのしかかってきます。この地球上には『ニュートンの法則』の「作用/反作用」も働いています。例えば体重50kgの人が地面を踏むと、同じ50kgの力が地面から自分の足に下から突き上げるように負担がかかってきます。(ですので体重が重い人はどうしても足の関節を痛めやすいです。)ただでさえ負担がかかる足なのに、片方の足に体重がかかっては大変です。まずはしっかりと両足でバランスよく真っ直ぐ立ってください。しんそう療方の施術を受けていただくと、みなさん施術後からすぐに真っ直ぐに立てるようになります。

 

0 コメント

雑誌でのご紹介


「しんそう療方」の全国のどこの施術所でも、同じ施術を受けることができます。

ロゴマークや検査法が商標登録されていて、毎月、東京と大阪にて研修会があり、私を含めしんそう療方の学会に登録されている施術師は技に磨きをかけ常に学びを深めていきます。とても微妙な刺激を与える手技なので研修会は大切ですね。名古屋の先生が、先月のananに掲載されていたのでご紹介です。

 

0 コメント