美味しいお土産

 

しんそう療方でお世話になっているY先生が『伊勢神宮』にご主人様と一緒に参拝に行かれたそうです。素敵だなぁ。まだ薄暗い早朝の「宇治橋」の写真を見せてくださいましたが、とても噂通りの神聖な雰囲気でした。(私はまだ行ったことがないので憧れます)酒粕や清酒の入った飴をお土産にいただきました。「おかげさま」「福飴」というネーミングもいいですよね。ありがたい&美味しい飴でした。ごちそうさまでした。

 

0 コメント

気をつけましょう

 

最近、ニュース等で『高齢者の運転事故』をよく耳にしますね。私の周りでもお二人の方が被害に合い、なんだか他人事ではなくなりました。悪気はなくても反射神経が鈍くなりすぐに反応ができなくなるようです。交通事故といっても、自分から事故を起こしてしまった加害者側と受ける被害者側とでは衝撃の強さが違うそうです。事故を起こす側の人はほんの一瞬でも、事前に事故を起こすことがわかる為、瞬時にして自分を守ろうと身体が反応するそうですが、受ける側の人はそれがわからずにまともに衝撃を受けてしまうそうなんです。

その後の後遺症の残り方にも影響が出てしまうようで大変だなと想像します。まだ高齢ではない私でも、車を運転していて「反応が鈍い」と自分で感じて一瞬ドキッとすることがあります。事故を起こすのも、受けるのも、本当に気をつけなければいけないといつも思っています。

 

0 コメント

雑誌でのご紹介


「しんそう療方」の全国のどこの施術所でも、同じ施術を受けることができます。

ロゴマークや検査法が商標登録されていて、毎月、東京と大阪にて研修会があり、私を含めしんそう療方の学会に登録されている施術師は技に磨きをかけ常に学びを深めていきます。とても微妙な刺激を与える手技なので研修会は大切ですね。名古屋の先生が、先月のananに掲載されていたのでご紹介です。

 

0 コメント

何に効くんですか?

 

これは本当によく聞かれる質問です。いつもお答えするまえに、一瞬ふと立ち止まってしまう自分がいます。

私たちはいつの頃から常に時間に追われてすぐに答えや結果を求めるようになりました。『時短』というキーワードが好きです。時短レシピ、即効ダイエットetc...。私たちは「これをすれば→こうなる」を無意識のうちに求めます。からだに関して言えば上記の質問は局所的、どこか身体の一か所しか見ていません。目に見えるものだけを学んでいく「西洋医学」の考え方ですね。この質問を受けて、いろいろ思うところがあったので「よく聞かれる質問」というページに詳しくその辺りを書いてみましたのでどうぞ。→ こちら

 

 

0 コメント

ご馳走様でした

 

ちょっとご報告が遅れてしまいましたが、先日、施術にお越しいただいたYさんから和菓子を頂きました。

寒くなると、きっと、からだが欲しているんだと思いますが甘いものが本当に美味しく感じられますよね。

とても美味しかったです、ご馳走様でした。Yさんはバレエをされていらっしゃいますが、最近、股関節と足裏に痛みを感じていてお稽古も控えていたそうです。この4回目の施術にいらしたときは、痛みが消えたと話してました。もうあと1回ほどで調整も終わるような気がしています。

 

 

0 コメント

はじめまして

 

しんそう川口桜町のHPをご覧下さりどうもありがとうございます。

 

これまで私たちは身体の痛みを取るために、整体や鍼灸、カイロプラクティックのような痛みを伴う強い刺激で身体を治そうとしてきました。でも私たちの本来の身体は痛みのまったくない優しい刺激でもちゃんと元の健康な身体に戻っていきます。そしてその力はすでに皆さんのお身体のなかにあり、『しんそう療方』では優しい刺激でその力を引き出すお手伝いをしています。

からだを痛めてしまうと、どうしても気持ちまで一緒に滅入ってしまいがちになります。ヨガなどでも言われているように心や魂の器が『からだ』です。からだをメンテナンスすることでこころも整っていきます。『しんそう療方』をお受けになっていただくとそれがよくわかります。

 

 

0 コメント