正座の座り方

 

こちらの上のお写真、おわかりになりますか?

ちょっと実験で患者さんに「正座の座り方」にご協力してもらいました。左のお写真は、左右の足裏を重ねないで座っていただいたもので骨盤の高さは床と平行です。真ん中のお写真は、右の足裏の上に左足裏を重ねて座ったもの。そして右の写真は、左足裏の上に右足裏を重ねて座ったもの。足裏を重ねて座ると、土台の骨盤が左右どちらかに下がるのがわかりますね?その骨盤の上に、そのまま背骨が伸びていこうとして歪んでいきます。(植物たちと一緒なんですね、下の根っこのほうでどんなに曲がっていようと「芽」は真っ直ぐ太陽に向かって伸びていくように、この地球上のものには全て『重力』がかかっているので素直に上に伸びていきます)ただ、毎日そのように悪い姿勢で過ごしていると脳の感覚が誤作動を始めるので、曲がっているものを「いつもやってるから正しい」と認識し、ご本人もわからなくなっていきます。

 

よく患者さんたちに「日々の生活のなかの『癖』が自分の身体を歪ませていきます」とお話しをさせてもらっています。何気なく立っているときの姿勢、歩き方、カバンの持ち方、寝ている体勢、テレビなどを見ているときの姿勢などなど、実はそれらは姿勢に影響が出るのでとても大切なんです。脳は何を『正しい』のかと判断するときに、いつも慣れ親しんだものを『正しい』と判断するようです。悪い姿勢で過ごしていると、それを正しい姿勢だと脳が勘違いしていき、それが蓄積して結果、お身体が歪んでしまいます。実は、施術も大事なのですが「ちょっとした意識」も同じように大事です。

 

0 コメント

やわらかいアタマ

 

きのう、川口市にある「工房集」というアトリエに出掛けてきました。私ははじめて伺いましたが、「工房集」は身体や知的障害を持つ人の通所施設『川口太陽の家』が開いたアートスペースです。昨年末からご縁で川口市の古民家カフェ「木ぐらし」さんに出張施術に行かせていただいてるのですが、その木ぐらしさんで働いている方の何人かはそこの施設でもお仕事をされているそうで今回の企画展を教えてもらえました。

作品を見ていて、発想の自由さについ笑ってしまったり、自分のアタマがやわらかくなっていくのを感じました。本当にとても楽しい気分でした!!!じぶんはまだまだ、他人からの視線や評価を気にしてるんだなぁって。工房のアーティストの方からずっと昔に忘れてきてしまった大切なものを教えてもらえた気がしました。

 今回の企画展「風がふいている」は2月13日までですが、HP等でも作品が見れるので良かったらご覧くださいませ。

 

0 コメント

木ぐらしさん出張施術

 

川口市にある古民家カフェ『木ぐらし』さんへ、出張施術に通わせてもらうようになってからとても幸せなことがあります。はい、おわかりですね。施術が終わるとお店で焙煎されているコーヒーや、からだに優しい手作りの食べ物をいただく機会ができたことです。化学調味料の一切使われていないものは、いただいているとからだが喜ぶのを感じます。母たち世代のみなさんが丁寧に気持ちを込めて作ってくださったものは本当にこころにもからだにも優しいです。いつもどうもご馳走さまです。

 

0 コメント

ロコモティブシンドローム

 

 

 

しんそうの施術に通ってくださっているSさんから、こんな美味しそうな「ほたて&マスタードマヨネーズ」という瓶詰めをいただきました。5個も頂戴したので、先着4名様にただいまお裾分け中です。

 

皆さんは『ロコモティブシンドローム』という言葉をご存知ですか?加齢により、運動器に障害が生じることをいいます。老化現象の最たるものが足腰が弱くなるということは昔から誰もが知っていることですが、最近では「ロコモ」といわれているようです。うまく歩けなくて→転倒→骨折→歩行不能になります。もしくは膝が痛くて歩けなくなり車いす生活になる方もいます。介護が必要になった方の4人に1人がこのような理由だそうです。これが高齢化社会の日本の現実です。

 

「ロコモ」の原因が筋肉低下にあるということで『とにかく筋肉をつけましょう』と、太ももの筋肉を鍛えるためのスクワットや歩行練習を指導されることが多いようですが患者さんにはそれができるだけの下地が出来ているのでしょうか?

『足腰膝が痛くて出来ません』

痛みの原因がからだのゆがみにある場合が結構あります。しんそう療方の施術により、無痛でゆがみを修正して手足を動かしやすくすることで筋トレ効果も出やすくなるはずです。痛みがあると何事もやりたくないですよね?自分や家族の老後を考えた時、みなさんは何を重要視しますか?自分のちからで歩ける手足を維持するためにはゆがみのない身体が不可欠です。すこし時間はかかるかも知れませんが、手入れをしないでゆがみ続ける身体を放置しておくとその先は目に見えているのです。

 

 

0 コメント

ヘルニアの自然治癒力

 

週末は、しんそう療方の研修会へ参加して来ました。『腰椎&頚椎ヘルニアの自然治癒力』のお話がとても興味深かったです。一般的には腰が痛くなれば、まず整形外科か整体などのマッサージ等に行かれるかと思います。ヘルニアの場合、痛みも激しいので最終的には整形外科ですが、そこでは手術をすすめられるケースが多いようです。さすがにとても大事な部分ですので、皆さん手術だけはなんとか避けたいと思うようです。 ですが、ヘルニアは2年くらい何もしないでそのまま放置すれば治るというお話を聞きました。自然治癒力でじぶんで治すそうです。

 

ちょっと話は長くなりますが、『背骨』というのは24個の椎骨(ついこつ)という骨によって作られていて、その椎骨と椎骨の間には「椎間板」という軟骨組織のものが挟まっていてクッションのような役割を果たしています。 年齢を重ねたりすると背骨を支える筋肉も衰えてくるので、上からの重力を支えきれず、椎間板が潰れてその固いゼリー状のような軟骨組織が外に飛び出します(ブシュッと潰れる感じですね)。背骨のすぐ近くには『神経』が流れているのでそれに当たり、激しい痛みが出ます。これがヘルニアです。 患者さんは生活も困難になるほどの激しい痛みにより手術を選ぶ方もいらっしゃるようですが、やはりリスクもあるためなるべく避けたいものです。

 

ところが、人間には自然治癒力(自己治癒力)という働きがあります。血液中の白血球の中にマクロファージという大食細胞があります。このマクロファージは外から侵入してきた菌などを食べてからだを守ってくれているのですが、飛び出た椎間板をも食べてくれるんだそうです。ですので2年くらいかければ全部食べてくれて神経を触ることがなくなり痛みが消えます。でも患者さんにとって、靴下も履けないような辛い激しい痛みのある生活を2年も続けるなんて現実的には難しいことだと想像します。

 

しんそう療方は背骨を真っ直ぐに整えて人間の「自然治癒力」の働きを改善、回復するものです。もしこの過程で施術を受ければ脊椎を正しい形に整えた上で、マクロファージによる変形した椎間板の除去も行われます。いろいろなお身体があるので一概には言えませんが、しんそう療方ではヘルニアの患者さんは3か月ほどで改善されるケースが多いようです。自然治癒にかかる時間の短縮だけでなく、『歪み』という根本原因の解決により再発防止にも役立つと考えられていますのでおすすめします。 人間の『自然治癒力』のすごさを改めてまた感じた、よい研修会でした。

 

0 コメント

じぶんで治す

 

 

バレエをされている患者さんのYさんから、新年のはじめに、とっても暖かそうなもこもこ靴下をいただきました。「いつも室内にいらっしゃると思いますので冷えないように」と。優しいお心遣いに感謝します!!

以前、しんそう療方の研修会でこんな症例のお話を聞きました。35歳の女性の患者さんで、初回のカルテに不定愁訴(頭が痛いとか、めまいがするとか、冷え性等など...)の項目が全部で40個あるうちの30個くらいにチェックしたそうです。ところがその後の数回の施術を受けると最初にチェックした30個の不定愁訴のうち半分以上が消えたそうでした。

N先生が仰るには『2回目の来院のときに表情が変わっていた』そうです。もちろん、はじめての治療院は緊張するので2回目はリラックスしていたのかも知れませんが、その患者さんはこれまで全身に色々な痛みや違和感がある、精神的にも不安な生活を送ってきたと想像できますのできっとその相当なストレスから開放されて、気分も良くなったんだと思いました。

N先生は、最後にこう話されていました。『しんそう療方は根本治療なので同時に複数の症状が消える。これが西洋医学の対症療法だったら、このたくさんの症状を一つ一つやっていくので相当な時間がかかる』。そうですね。ちなみに、その患者さんは3回目で噛み合わせが解消されたそうでした。

 

からだを治していくのはご本人です。私たちしんそう療方師は、その治す力を引き出すお手伝いをしているだけです。『じぶんで治す』、それは人間の基本的な力で誰にでもあり持って生まれた力です。(自然治癒力、自己治癒力、免疫力ともいいます)

 

0 コメント

歩く速さと寿命の関係性

 

しんそう療方の施術をしている者は大阪と東京にて毎月2日研修会があり、技術を磨くためにずっと一生学びを続けていくのですが、先月の研修会で池袋のF先生が『歩く速さと寿命の関係』について少しお話してくださいました。「ある一定の速度で上手に歩くと、長生きできる」ということです。

よく、「呼吸数や心臓の鼓動数はどの人も、一生のうち同じ回数で決まっている」なんて話も耳にしたことがあると思います。その辺りは私も詳しくはわかりませんが、結局は『生まれていただいたこの身体は最後まで大切に使おう』ということですよね。歩くということはとても良いことで、呼吸や筋肉、神経などにも影響を与えるそうです。お年寄りの方に日本でもどんどん国家規模で推奨しています。でも、歪んだ背骨と曲がった骨盤では神経も圧迫されて痛くてとても上手くは歩けません。ましてや気持よく呼吸だなんて無理です。しんそうの症例写真にもご協力してくださった70代の女性の方も、腰が痛くて歩くことをあまりしなくなっていたそうですが、施術を受けてからは腰の痛みが消えたので『歩くのが楽しくなった』と仰っていました。うまく歩くには「呼吸、筋肉、神経」等が整っていないと気持ちよく歩けませんからね。(この日記を書いていたら、私も移動は車ばかりでほとんど歩いていないことを自覚したので私も今年は歩きます。)

 

0 コメント

明けましておめでとうございます

 

皆様、明けましておめでとうございます。暖かいお正月をゆっくりとご家族で過ごされていることと思います。私は昨夜は久しぶりにご近所にあるお寺に除夜の鐘を打ちに行って来ました。ちゃんと1時間前に整理券を取りに行き、その際にこの『般若心経』と絵馬をいただきラッキーな気分に。(無料で配られていた甘酒も美味しかったです)何年か前に「写経」が流行っていましたね、気持ちを落ち着かせるために私も鎌倉の長谷寺まで出掛けたことがありました。今年はどんな年になるのでしょうか?皆さんがそれぞれに気持よく毎日を生活されることを心よりお祈りしております。どうぞ、2016年も素敵な一年となりますように。

 

0 コメント

ありがとうございました

 

『しんそう川口桜町』をスタートして、皆様のおかげで無事に年末を迎えることができ本当にこころから感謝しています。はじめての年末を経験し改めて「メンテナンスする」ことの大切さを意識することとなりました。大掃除、美容室、支払い...などなど、年内にすっきりして身も心も綺麗な状態で新しい年を気持ちよく迎えたいという人間の根本にあるものがしんそう療方の施術を通して感じることができました。とても、人として素敵な意識だと感じました。

 

ご家族の皆様を施術させていただいたYさんからは西光亭のとても美味しいクッキーを(私、このお菓子のファンです)、都内から電車に揺られのんびり旅する気分でいらして頂いたUさんからはディズニーランドのミッキーのチョコレートを、いつも個性的なおしゃれで、可愛い服装で施術にもいらっしゃるTさんからは可愛くて暖かそうな靴下をいただきました。大人になってしまうとなかなかサンタさんも来ないので、本当に嬉しかったです。皆様ありがとうございました!!!!本年も本当にお世話になりました。来年もどうそよいお年をお迎えください。

 

0 コメント

しんそう体操

 

「しんそう療方」には、からだの歪みをじぶんでも予防できる『しんそう体操』があります。ラジオ体操のようなとてもシンプルな動きです。私もヨガや気功をスポーツクラブ等で指導していたので健康になるための動きはたくさん見てきましたが、結局は「ラジオ体操」のように毎日続けられるようなものがちょうどよいとも言われます。シンプルなものがやはり一番ということなのでしょうね。

 

その『しんそう体操』を埼玉県上尾市の大谷中学校で、毎日お昼休みに実践されることになりすでにもうスタートしているそうです。しんそう上尾の岡田先生が歯科衛生士のお仕事もされているのですが、月曜~金曜の給食後の歯磨きタイムのあとに校内放送で音楽がかかり、370名の生徒さんたちが『しんそう体操』を毎日やっているそうです。大谷中学校は部活動に力を入れているらしく、「しんそう療方」でからだの左右バランスが整うと練習などでもケガをしなくなるので、そこで『しんそう体操』を取り入れることになったようです。からだがきちんとつくられる大事な時期にいい動きをして成長できるなんて、ほんとに羨ましいですね。

 

0 コメント

浮世絵展のご紹介

 

私の知人の方が、浮世絵師で日本画家の『河鍋暁斎』さんの作品をご紹介するお手伝いをしています。(埼玉県蕨市にも記念美術館があります)私もまだ勉強不足ですが『河鍋暁斎』さんという方はとても強い個性をお持ちの方だったようで、一筋縄じゃいかないという印象のようです。国内だけではなく海外でもファンの方が多いようですね。現在、上野の森美術館にて浮世絵展が行われていて、その展覧会に『河鍋暁斎』さんの作品も展示されています。ご興味がある方は是非どうぞ!!

 

1 コメント

疲れているのは

 

みなさんは自分のお身体の調子が悪いとき、つい「からだが疲れている」と思っていませんか?現代人の私たちが疲れているのは実はカラダだけではありません。昔のひとたちのように家事ひとつとっても家電製品の充実した現代ではボタン一つでなんでも簡単あっという間です。移動手段も電車、くるま、バイク...等、身体を動かすことも少なくなりました。では、どこが疲れているのでしょうか?

 

疲れているのは、頭のなかです。

 

携帯電話、パソコン、テレビ、ゲーム、一晩中どこもかしこも照明だらけ。沢山の刺激がいっぱいの頭の中は『神経』が疲労しています。それによって自律神経やホルモンなどのバランスが崩れてきて心身ともに不調に苦しむひとたちが現代人は増えてきています。うつ病などもその影響ですね。あなたはどうですか?神経が休まっていないと熟睡もできない為、毎日の生活のなかで使っている身体の疲労した部分を寝ている間に修復するという働きがうまくできなくなります。まずはゆっくりと安心して熟睡することが何よりも大切ですが、実際にお身体に痛みがある方は熟睡できません。しんそう療方の施術を受けられてからはとても気持ちよく深く眠れるようになり、寝ている間に自分で自分のからだを元に戻す働きだ自然とできるようになっていきます。

 

0 コメント

木ぐらしさんで体験会

 

こちら『しんそう川口桜町』の施術所から車で10分もかからない場所に『木ぐらし』さんという、古民家の自然食カフェがあります。植木のまち「川口市安行」の緑に囲まれた、とても静かな落ち着いた雰囲気の素敵なお店です。きのうは従業員の方々に向けて、総勢6名に「しんそう療方」の体験会をさせていただきました。

ご本人だけではなく一緒に働く仲間の皆さんも、仲間のからだのバランスや動き方などを普段からご存知だったので施術後のからだの変化をみなさんで一緒に体感していただけて楽しみながら体験していただけました。

『木ぐらし』さんも、これからもずっと美味しいごはんをお客様に提供されるには、まずは痛みのない健康な身体が一番大事なことは皆さんご存知でしたので、来週も早速出張施術で伺うことになりました。よろしくお願いいたします。

 

0 コメント

両足で立つ

 

ふと、信号待ちや歯磨きなどの際、ちゃんと両足で立っていますか?

 

 

しんそう療方の施術にお越しになるお身体のどこかに不具合がでている方は、みなさん真っ直ぐには立てていません。『木』をイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、地面に「根」をしっかりと張って雨や風から身を守るように私たち人間も、この『重力』のある地球上では両足できちんと真っ直ぐ立たなければなりません。ご自分はもちろんちゃんと真っ直ぐに立っている感覚でも、周囲から見るとそうではないことも。お写真で撮ればすぐにわかりますよね。

 

きちんと両足でお身体を支えていれば体重はふたつの足に半分ずつですが、片足で立つとその股関節にかかる負担はいっきょに体重の約3倍にもなるそうです。もちろん股関節だけでなく、膝関節や足首等にも負担は大きくのしかかってきます。この地球上には『ニュートンの法則』の「作用/反作用」も働いています。例えば体重50kgの人が地面を踏むと、同じ50kgの力が地面から自分の足に下から突き上げるように負担がかかってきます。(ですので体重が重い人はどうしても足の関節を痛めやすいです。)ただでさえ負担がかかる足なのに、片方の足に体重がかかっては大変です。まずはしっかりと両足でバランスよく真っ直ぐ立ってください。しんそう療方の施術を受けていただくと、みなさん施術後からすぐに真っ直ぐに立てるようになります。

 

0 コメント

美味しいお土産

 

しんそう療方でお世話になっているY先生が『伊勢神宮』にご主人様と一緒に参拝に行かれたそうです。素敵だなぁ。まだ薄暗い早朝の「宇治橋」の写真を見せてくださいましたが、とても噂通りの神聖な雰囲気でした。(私はまだ行ったことがないので憧れます)酒粕や清酒の入った飴をお土産にいただきました。「おかげさま」「福飴」というネーミングもいいですよね。ありがたい&美味しい飴でした。ごちそうさまでした。

 

0 コメント

気をつけましょう

 

最近、ニュース等で『高齢者の運転事故』をよく耳にしますね。私の周りでもお二人の方が被害に合い、なんだか他人事ではなくなりました。悪気はなくても反射神経が鈍くなりすぐに反応ができなくなるようです。交通事故といっても、自分から事故を起こしてしまった加害者側と受ける被害者側とでは衝撃の強さが違うそうです。事故を起こす側の人はほんの一瞬でも、事前に事故を起こすことがわかる為、瞬時にして自分を守ろうと身体が反応するそうですが、受ける側の人はそれがわからずにまともに衝撃を受けてしまうそうなんです。

その後の後遺症の残り方にも影響が出てしまうようで大変だなと想像します。まだ高齢ではない私でも、車を運転していて「反応が鈍い」と自分で感じて一瞬ドキッとすることがあります。事故を起こすのも、受けるのも、本当に気をつけなければいけないといつも思っています。

 

0 コメント

雑誌でのご紹介


「しんそう療方」の全国のどこの施術所でも、同じ施術を受けることができます。

ロゴマークや検査法が商標登録されていて、毎月、東京と大阪にて研修会があり、私を含めしんそう療方の学会に登録されている施術師は技に磨きをかけ常に学びを深めていきます。とても微妙な刺激を与える手技なので研修会は大切ですね。名古屋の先生が、先月のananに掲載されていたのでご紹介です。

 

0 コメント

何に効くんですか?

 

これは本当によく聞かれる質問です。いつもお答えするまえに、一瞬ふと立ち止まってしまう自分がいます。

私たちはいつの頃から常に時間に追われてすぐに答えや結果を求めるようになりました。『時短』というキーワードが好きです。時短レシピ、即効ダイエットetc...。私たちは「これをすれば→こうなる」を無意識のうちに求めます。からだに関して言えば上記の質問は局所的、どこか身体の一か所しか見ていません。目に見えるものだけを学んでいく「西洋医学」の考え方ですね。この質問を受けて、いろいろ思うところがあったので「よく聞かれる質問」というページに詳しくその辺りを書いてみましたのでどうぞ。→ こちら

 

 

0 コメント

ご馳走様でした

 

ちょっとご報告が遅れてしまいましたが、先日、施術にお越しいただいたYさんから和菓子を頂きました。

寒くなると、きっと、からだが欲しているんだと思いますが甘いものが本当に美味しく感じられますよね。

とても美味しかったです、ご馳走様でした。Yさんはバレエをされていらっしゃいますが、最近、股関節と足裏に痛みを感じていてお稽古も控えていたそうです。この4回目の施術にいらしたときは、痛みが消えたと話してました。もうあと1回ほどで調整も終わるような気がしています。

 

 

0 コメント

はじめまして

 

しんそう川口桜町のHPをご覧下さりどうもありがとうございます。

 

これまで私たちは身体の痛みを取るために、整体や鍼灸、カイロプラクティックのような痛みを伴う強い刺激で身体を治そうとしてきました。でも私たちの本来の身体は痛みのまったくない優しい刺激でもちゃんと元の健康な身体に戻っていきます。そしてその力はすでに皆さんのお身体のなかにあり、『しんそう療方』では優しい刺激でその力を引き出すお手伝いをしています。

からだを痛めてしまうと、どうしても気持ちまで一緒に滅入ってしまいがちになります。ヨガなどでも言われているように心や魂の器が『からだ』です。からだをメンテナンスすることでこころも整っていきます。『しんそう療方』をお受けになっていただくとそれがよくわかります。

 

 

0 コメント