バレンタイン

 

先日のバレンタインの日、Aさんご夫妻からチョコと沖縄旅行のお土産の『桜ちんすこう』をいただきました。Aさんご夫妻は腰痛でお見えで、たまたま奥様が帰省中に腰を痛め、ご実家のお母様が地元のしんそうに行かれていたので一緒に受けたところとても調子が良くなり、そのまま自宅の川口に戻られてからはこちらへご主人様といらして下さっています。4回程通われてだいぶ改善し、現在は月に1回のメンテナンスに入っています。とても仲良しのご夫婦で、おふたりで冗談を言いながら笑っている印象しかありませんが、初めてお見えになった時はそんなおふたりでも腰の痛みで、いま思えば笑顔も少なかったように記憶しています。Aさんご夫妻には笑顔がとても似合います。

 

0 コメント

ごちそうさまでした

 

先日、施術にお越しいただいたCさんが「学芸大学へ行って来たので」と、学芸大学に1店舗しかない老舗の洋菓子店『マッターホーン』さんの焼き菓子をくださいました。私は初めていただきましたが、なんていうんでしょうか、とても素直で優しい味がしました。外国人のおばあちゃんが作ってくれたような味です。こちらのイラストもとても素敵ですね。Cさんは施術前は骨盤の歪みから上半身が右へ倒れていましたが、施術後は真っ直ぐ立てるようになっていました。

 

こちらはいつも遠くからお越しのSさんから、手作りの頂き物です。今の時代、なかなかお目にかかれない手作りのお餅。なんとご実家で作られたそうです。真空パックで売られているものとは全然ちがいますよね~頂くのが楽しみです。そして可愛らしい焼き芋もいただきました。甘くて美味しかったです。Sさんは施術前は、だいぶ首がつまってお辛そうでしたが施術後は首もとてもラクになられた様子でした。

0 コメント

痛みから解放される

 

肩こりや股関節の痛みでお悩みだった40歳のKさんは、初診の方でしたので先日2回目の無料施術を受けていただきました。普段、股関節痛は出るときと出ない時がある様子で、1回目の施術にお越しの際は股関節痛は出ていなくて肩こりはあったようですが初回の施術で肩こりは解消された様子でした。ただ、2回目の施術の数日前にとても身体を頑張って動かした日があったようで、2回目の時は股関節痛がでていた状態でのお越しでした。施術が終わり、ご帰宅されたあとすぐにメールをいただきましたので、下記にそのままご紹介させていただきます。

*****************************

 

今日は丁寧に施術してくださり、ありがとうございました。

帰ってきて愕然としました❗

股関節の痛み、ほぼ消えているんですけどっ💦

あまりの衝撃に主人に電話で話したら、言葉を失っていました❗

本当に本当にありがとうございました。

 

*****************************

こんな風に喜んでいただけると本当に嬉しくて幸せな気分になります。本当に手足をかるくゆらゆらと揺らすとても優しい刺激だけで人間の身体が症状のなかったときの元に戻っていくというのは不思議で神秘的です。その後、とても嬉しかったようでKさんは「メールだけじゃおさまらなくて」とお電話も下さいましたので、その際に「私が治したわけではなくて、Kさんが自分のちからで戻したんですよ」とお伝えしておきました。そこはとても大事な部分だと私は感じています。

 

 

0 コメント

嬉しかったことたち

 

今日、施術にお越しいただいたAさんから宮島のお土産を頂きました。この時期は『牡蠣』が美味しいのでどちらも堪能でき、とても充実された旅のようでした。旅行に行かれるとどうしても普段よりたくさん歩くので足腰に負担がかかります。Aさんも旅先で痛みが出たようですが一晩で解消されたようです。ぐっすり熟睡されながらご自分でリセットできるようになられたと実感され、喜ばれていました。

 

 

 

長い間、ずっと肩こりに悩んでいたYさんはしんそう療方ですっかり改善され、いまは時折メンテナンスに伺っています。そのYさんのご自宅付近の珈琲豆やさんのもの。以前から伺うたび気になっていたのですが、やっとタイミングよく我が家の珈琲豆が切れたのでチャレンジしてみました。初めてのお店なのでとりあえずお気に入りのものを見つけるまでは100g購入、これからゆっくり自分好みのものを探します。今回は『コクと甘み』という言葉に惹かれ「コスタリカ」という珈琲豆を選びました。ブレンドもあったのですが自分の好みを知りたかったので、こちらのストレートを。今朝飲んでみたらやわらかいコクでとても飲みやすかったです。

 

 たまたまこの春に、関西方面へ出掛けることになり旅行本を手に取っていたら骨太そうなものを発見しました。発行人の考え方が気に入りました。

 

『感動しないものは取り上げないで本音で自分の言葉で書くこと。写真撮影は特殊レンズを使って誇張をせずにありのままを撮ること。取り上げた場所や人とは発刊後も継続的に交流を持つこと』

 

これまでのガイドブックは写真は誇張されたものが多く、食事やお土産などもすすめられても素直に受け入れられないものばかりでしたのでどんなことにも本音を好む私には嬉しい本です。

0 コメント