脊椎側弯症/8歳

 

最近では脊椎側弯症の検査は小学校の高学年で行われているようです。

2年生なのでまだ診断はされていませんが、お母様が心配されて早めに当院へお越しくださいました。

 

15分程度の施術でほぼ揃い、全く痛みのない施術なのでお子さんも怖くなかった様子。翌週、とりあえず検査をすると真っ直ぐ立てていて、(写真を撮っていませんでした)初回施術から1週間が経過してからだが安定したのか、腰も肩も平行に揃っていたので2回目の施術はせずに1回の施術で終わりました。

 

 

施術前は、左肩が下がり全体的に左に倒れ気味でしたが、施術後は両足でしっかり立てるようになり、肩や肩甲骨、腰の高さも左右揃っていました。

 

起立性調節障害/中学2年生

 

普段はなかなか自分のお子さんの姿をあらためてじっくり見る機会はないと思いますが、たまたまお母様がお子さんの後ろ姿を見て歪みに気付き、ご相談を受けました。

ゲームがとても好きなそうで、悪い姿勢でずっとやっているとのお話しでした。2回目の施術でだいぶ改善し、3回目にお越しいただいたときには真っ直ぐな良い状態でしたのでその日は施術はせず、とりあえずひと月後のメンテナンスのご案内をして終わりました。(写真は初回の施術前後です。立位の施術後の写真のみ2回目の施術後のものです。)

 

 

施術前は、立位写真では上半身がとても左へ倒れてましたが施術後はきちんと真ん中に改善されていて、正座写真でもわかるように右に倒れていた頭(首の傾き)がまっすぐに戻っていました。

 

 

腰痛*肩こり*不眠症*膝痛*便秘/  70代女性

 

数年前から膝に痛みがあったようです。整形外科では『老化現象』と診断され、痛み止めのブロック注射とヒアルロン酸注射を打ちに週2回のペースで通われていたようですが効果はなく、最近ではほとんど家の中での生活になってしまい、娘さんが当院へ連れて来てくださいました。

初回でだいぶ姿勢が改善、ご本人も年齢で諦めかけていた姿勢や腰痛などの痛みも解消されたようでした。2回目にいらしたときには「ヨガでも始めてみたい」とお話され、気持ちにも変化がみられました。痛みから開放されると、こころもラクになります。

 

 

初回の施術前は、だいぶ腰と背中が丸くなっていて立つのも辛そうでした。

家のなかでずっと悪い姿勢で過ごしていたせいかしっかりと両足で地面を踏んでいないので、筋肉の衰えとともに悪い姿勢で内臓に負担がかかっていました。大腸ガンをされていましたが腰の曲がったお身体ではどうしても腸にも負担がかかります。

背骨は筋肉に引っ張られているので筋肉の状態で骨の位置は変化します。整形外科などでは、どうしても年齢のせいにされてしまいますが骨に変形が起きていなければ改善することは出来ますのでご安心ください。

 

腰痛/  40代男性

 

おそらくギックリ腰だと思いますが、とても腰に激しい痛みがあるようでした。他の施術を受けてもなかなか改善されなかった様子で、しんそう療方は全国にありますがネット検索で治療院を調べていたところ、関西にあるしんそう療方のHPにご自分と同じような症例写真が掲載されていて当院を知ったそうです。

初回の施術でだいぶ痛みが軽減されたようで、2回目の施術後はまったく痛みは消えたようでした。

 (施術する立場としては、あともう少し施術をしてバランスを整えたかったのですがご本人は痛みが消えたので2回で終わりになりました)

 

 

ご来院くださったときは、腰に激しい痛みがあり車から降りて靴を脱ぐのも大変そうでした。はじめは上半身がとても左に倒れていたのですが、初回の施術でかなり真ん中に改善されていて、2回目の施術後にはご本人はほとんど痛みを感じなくなった様子でした。

 

腰痛&首と肩の痛み/  30代女性

 

ゆっくりと自然なリズムで生活をされている子育てママさんです。

お裁縫など手作業をする時間がとても多いらしく慢性的な肩こりでご来院されました。かなりお辛い肩こりのようで、辛いときはつい家の中でも不機嫌になってしまうとか。年に1、2回、メンテナンスにお越しいただいていて、1回の施術で終了します。

 

 

施術前は右肩が下がって、お身体を右に少し引っ張ているように見えました。施術後には骨盤の高さも揃って真っ直ぐに立てていました。首の歪みもとれて気分もすっきり、いつものようにご機嫌よく帰られました。

 

坐骨神経痛&腰痛&肩と足の痛み/70代女性

 

日常的に足や腰などの痛みが激しい様子でしたが、大好きなスポーツクラブへ「痛み止め」を服用しながらも通われているとのこと。でも今回はいつもよりも激しい腰痛だったようで出張依頼を受けました。週に1回のペースで施術を受けていただき、4回の施術で終了。毎日のように服用していた痛み止めの服用もだいぶ減り、現在はとても調子がよいそうです。

 

 

 初回のお写真では脊柱の中心軸がズレていて、立っているのも大変なくらいなとても強い痛みが出ているようでした。1回目の施術後でもだいぶ痛みは軽減されている様子でしたが、2回目の施術終わりには真っ直ぐに改善されてました。その後あと2回程メンテナンスも兼ねて、腰痛になりにくいお身体バランスに整えて終了しました。

 


ここからは、日記でもご紹介している患者さんのお写真です。

 

畏怖の念

こちらは、左の写真がしんそう療方の施術前、そして右のお写真が施術後のもの。股関節臼蓋形成不全のため、骨盤の歪みをはじめ両膝の痛みや手のしびれ等、いろいろな症状でお困りの方でした。しんそうの施術は触るか触らないか程度の本当に刺激のほとんどない施術ですが施術が終わるとその小さな刺激で脳の誤作動が修正される感覚でしょうか、筋肉の使い方が瞬時に変わり立ち方が改善されます。すると重力のかかり方が変わるので、関節や筋肉への負担が減り痛みが解消されます。本当に不思議な施術なのですがしんそうの施術で何人もの方が改善されていくのをみて、本当に人間への畏怖の念みたいなものをいつも私は感じます。人間って、自然って、宇宙ってすごいです!!!(ちょっと大袈裟。笑)

 

今日のマヤ暦/KIN254

「職人気質の一途さは自分や他人に正直でいたいという気持ちに通ずる。人々に対する畏怖の念が自我を削ってくれる」

 


素直なエネルギー

 

きのう、なんと10年ぶりに友人のMちゃんが我が家に来てくれました。ずっとご無沙汰しちゃってたのが先日はじめたインスタグラムで私を発見してくれて、カラダの調整に来てくれたんです。とっても嬉しかった。

右膝に水が溜まってしまい、何度か注射で抜きに通っていたみたいでした。まだ若いのにかわいそう。写真を撮ると、重心が右に寄っていたので、きっと自分の体重で右ひざに負担をかけていたんだと思います。施術後は重心が真ん中に戻っていてバランスが整いました。Mちゃんも「右膝がラク~♪♪」と軽やかに喜んで帰っていきました。

 

正座の姿勢でも、痛む右膝を無意識でかばおうとして、もしかしたら左にカラダを預けていたのかも知れませんね。施術前は重心が真ん中にありませんでした。痛みがあると私たちはどうしても、そこの部分を守ろうとして身体全体のバランスを崩し始めます。だから、痛みが出たらちょっと早めに来てもらえると施術も少しで終わりますから、ちょっとした日頃のメンテナンス感覚は大切なんだなと感じます。

 

今回、Mちゃんと久し振りに会って感じたのはとても素直だということ。そして「自分が大好きなんだわたし」と話してくれるところが素敵!!!と思いました。自己承認(自分を認めること)ができているひとといると疲れないし、一緒にいてラクですね。どうしても痛みに苦しむと自分を責める方向に行きがちですが、Mちゃんのようにそこはちゃんと分けて考えられるひとは素敵だなと感じました。


こちらの症例写真は、

すべてご本人の許可をいただき

掲載させていただいております。

皆様にご協力に深く感謝します。