しんそう体操

 

「しんそう療方」には、からだの歪みをじぶんでも予防できる『しんそう体操』があります。ラジオ体操のようなとてもシンプルな動きです。私もヨガや気功をスポーツクラブ等で指導していたので健康になるための動きはたくさん見てきましたが、結局は「ラジオ体操」のように毎日続けられるようなものがちょうどよいとも言われます。シンプルなものがやはり一番ということなのでしょうね。

 

その『しんそう体操』を埼玉県上尾市の大谷中学校で、毎日お昼休みに実践されることになりすでにもうスタートしているそうです。しんそう上尾の岡田先生が歯科衛生士のお仕事もされているのですが、月曜~金曜の給食後の歯磨きタイムのあとに校内放送で音楽がかかり、370名の生徒さんたちが『しんそう体操』を毎日やっているそうです。大谷中学校は部活動に力を入れているらしく、「しんそう療方」でからだの左右バランスが整うと練習などでもケガをしなくなるので、そこで『しんそう体操』を取り入れることになったようです。からだがきちんとつくられる大事な時期にいい動きをして成長できるなんて、ほんとに羨ましいですね。