ロコモティブシンドローム

 

 

 

しんそうの施術に通ってくださっているSさんから、こんな美味しそうな「ほたて&マスタードマヨネーズ」という瓶詰めをいただきました。5個も頂戴したので、先着4名様にただいまお裾分け中です。

 

皆さんは『ロコモティブシンドローム』という言葉をご存知ですか?加齢により、運動器に障害が生じることをいいます。老化現象の最たるものが足腰が弱くなるということは昔から誰もが知っていることですが、最近では「ロコモ」といわれているようです。うまく歩けなくて→転倒→骨折→歩行不能になります。もしくは膝が痛くて歩けなくなり車いす生活になる方もいます。介護が必要になった方の4人に1人がこのような理由だそうです。これが高齢化社会の日本の現実です。

 

「ロコモ」の原因が筋肉低下にあるということで『とにかく筋肉をつけましょう』と、太ももの筋肉を鍛えるためのスクワットや歩行練習を指導されることが多いようですが患者さんにはそれができるだけの下地が出来ているのでしょうか?

『足腰膝が痛くて出来ません』

痛みの原因がからだのゆがみにある場合が結構あります。しんそう療方の施術により、無痛でゆがみを修正して手足を動かしやすくすることで筋トレ効果も出やすくなるはずです。痛みがあると何事もやりたくないですよね?自分や家族の老後を考えた時、みなさんは何を重要視しますか?自分のちからで歩ける手足を維持するためにはゆがみのない身体が不可欠です。すこし時間はかかるかも知れませんが、手入れをしないでゆがみ続ける身体を放置しておくとその先は目に見えているのです。