自然を守る

上高地 に対する画像結果

 

今年の夏は、上高地へ行ってきました。初めてだったので勝手もわからずでしたがとても気持ちのよいベストシーズンだったんじゃないかなと思います。マイカー規制があるので沢渡駐車場に車をとめて、そこからタクシーに乗ったのですが運転手さんから面白いお話が聞けました。途中、山に入る手前にトンネルがあり、そこの道路が水浸しになっていたのですが、それは『タイヤに付いている外来種の種を洗い流すため』というのです。『上高地の山の生態系は完璧にバランスが取れているので他の植物が入っては生態系が崩れるので困る』。以前、上高地には生息しない「ホタル」を勝手に持ち込んだ人がいて、上高地は、ホタルの天敵の沖縄に生息する(名前を忘れました)青い蝶を放して必死にホタルを駆除したそうです。

 

お話しを聞きながら『しんそう療方』と似てるなぁと思いました。施術後の患者さんに、日常生活のなかでも気を付けて避けていただきたいこと、というプリントをお渡ししています。はじめは皆さん「めんどくさい」と感じるようですが、実はこれはとても大事なことなんです。人間の身体というのは本当に宇宙のように素晴らしいバランスでできていて(ロボットでは無理です)傷んだ部分を自分で元に戻そうとします。そこに、外から物理的な強い刺激が入るとその元に戻ろうとする働きが邪魔されてしまうんです。

 

『自然』は、自然のままではいつかそのかたちは少しづつ変容していき、違うものとなり、その自然はいつか消えていきます。だから上高地の方たちは、その『自然』を守ろうと皆さんで必死になって一生懸命に努力をしてらっしゃいます。私たち人間も自分の身体に刺激を入れることにもっと丁寧に向き合って、厳選し、余計な不必要なことはしないようにしなければと感じました。