水のように

 

おともだちのYさんから、飛騨高山のお土産をもらいました。ブルーと白のとても綺麗なガラスのおちょこです。美味しい冷酒を呑みたい気分ですね。このおちょこを眺めていると『水』のイメージが浮かんできます。


 

『水のように』      老子道徳経 第8章

 

 

タオ(道)の在り方にいちばん近いのは

天と地であり、

タオの働きにいちばん近いのは

水の働きなんだ。

タオの人がすばらしいのは

水のようだというところにある。

水ってのは

すべてのものを生かし、養う。

それでいて争わず、威張りもしない。

人の嫌がる低いところへ、先に立って行く。

水はそれほどタオの働きに

近いんだ。

 

タオの人は、自分のいる所を、いつも

善いところと思っている。

心は、深い淵のように静かだ。

つきあう人をみんな善い人だとし、

自分の言うことは

みんな信じてもらえると考え

社会にいても

タオの働きの善さを見失わない。

タオの人は、手出しをしないで

あらゆる人たちの能力を充分に発揮させるから、

人びとは

自分のいちばんいいタイミングで活動する。

 

これをひと口でまとめると

争うな、ということだ。

水のように、争わなければ、

誰からも非難をうけないじゃないか。