こころをいかによい状態に保つか

私たちのからだは毎日、睡眠や食事、仕事などのいろいろな影響を受けて、毎日、同じではないようにこころも日々変化しています。例えば、お天気の影響とかも受けますよね。心配事や悩み事、ネガティブな感情をどう、うまくコントロールできるかがとても大切です。(もともとコントロールが得意なひととそうでないひとがいます)

自分の好きなことや楽しいことに意識を向けて気分を変えるのもいいですが「じぶんが今どこにいるのか」一歩引いて、全体像のなかのじぶんの立ち位置を確認する、今日はそんなエネルギーの日でした。高い空を飛んでいる鷲のように『いま、自分のいる場所』を客観視してみてください。

 

 

こちらの詩では、自分の長い人生の時間は「どれもが同じ時間ではない」と教えてくれています。

 


 

 

『ぎらりと光るダイヤのような日』   茨木のり子

 

 

 

 

 

短い生涯

 

とてもとても短い生涯

 

六十年か七十年の

 

 

 

お百姓はどれほど田植えをするのだろう

 

コックはパイをどれ位焼くのだろう

 

教師は同じことをどれ位しゃべるのだろう 

 

子供たちは地球の住人になるために

 

文法や算数や魚の生態なんかをしこたまつめこまれる

 

それから品種の改良や

 

理不尽な権力との闘いや

 

不正な裁判の攻撃や

 

泣きたいような雑用や

 

ばかな戦争の後始末をして

 

研究や精進や結婚などがあって

 

 

 

小さな赤ん坊が生まれたりすると

 

考えたりもっと違った自分になりたい欲望などは

 

もはや贅沢品になってしまう

 

 

 

世界に別れを告げる日に

 

人は振り返って

 

自分が本当に生きた日があまりに少なかったことに驚くだろう

 

 

 

指折り数えるほどしかないその日々のなかの一つには

 

恋人との最初の一瞥のするどい閃光などもまじっているだろう

 

 

 

「本当に生きた日」は人によって確かに違う

 

ぎらりと光るダイヤのような日は

 

銃殺の朝であったり

 

アトリエの夜であったり

 

果樹園のまひるであったり

 

未明のスクラムであったりするのだ

 

 

 


お正月休みも終わり、今週からまた施術がはじまりました。普段、みなさまには当院へ施術においでくださるだけで十分ありがたいことなのですが、お年始ということもありご丁寧に頂き物がありましたのでご紹介させていただきます。こちらはRくんのお母様からゆかりの美味しいお煎餅と(写真にはありませんが)宮崎牛を頂いてしまいました!!お肉は冷凍でしたのでそのまま大事に凍らせていて近日中に美味しくいただかせていただきます!!!ごちそうさまでした。

こちらはMさんからですまだお身体に痛みなどの不調は出てなかったようですが、日常生活のなかでご自分のお身体が左側に体重が乗ってしまっている自覚がはっきり感じられるということで「未病を防ぐ」ためのメンテナンスでお越しくださいました。そうなんですよね、日々の小さな癖の積み重ねで膝や股関節を痛めたり、お身体が歪んでいきますからメンテナンスはとても大切なんです。身体にやさしい美味しいパンでした。ごちそうさまです。

左側は、京都在住のSさんからいただきました。お仕事の関係でこちらにも通われていてその際にメンテナンスにいらしてくださっています。京都のお漬物をいただきました。嬉しいです。

そして、右側の焼き菓子はMさんからです。(実は2つ食べてしまいました。笑) Mさんのお好きなレストランのものだそうで、いつか私もそのお店にランチを食べに行ってみたくなりました。