有難さの積み重ね

 

先週の雪が降った日の我が家のベランダからの景色です。まるでサンタさんがやって来るようなきれいな雪景色でした。笑

空気も変わってピシッと引き締まった厳しい冷たさはちょっと背筋が伸びて、かなりの寒がりな私でも自分の服装さえ暖かくしておけばわりと好きです。

 

今日のマヤ暦のエネルギーでは、『当たり前など何もないことを自覚する。有難さの積み重ねが人生を拓く』とあります。実は、雪の日以来、我が家はお湯が出なくなることが増えました。いつもは年に2回程度でしたが今年は多いような気がします。お昼頃には復活しますがたったそれだけの時間でもお湯が使えないことがこんなにも不便だということを今回はとても実感しています。お風呂の残り湯を再利用して洗濯機に入れる前に汚れが気になるものを手洗いするとか、掃除に使うとかも大切に考えるようになりました。夜の食器などの洗い物も面倒だからと朝にすることもありましたが、冷たい水では拷問なので必ず夜のお湯が使えるうちにとするようになり生活にメリハリが。「いつでもできる」という便利さよりも、いまの不便さの方が私にはあっているようですね。笑

 

つい、「あたりまえ」になって感謝をどこかに忘れてきてしまうので、『あったかいお湯が出て幸せ~!!』の気持ちをちゃんと大切にしようと意識が変わりました。