マイナスとは共鳴しない

 

これは必要なこと。自分を守るため、そして相手のためにも、エネルギーの下がっている場所で繋がっていても意味がないのかも知れません。口論は自分を認めて欲しいと思う気持ちをぶつけ合ってるだけのマイナスエネルギー。他者承認だはなく自己承認。それぞれ自分自身のなかで解決するものです。

 

今日のエネルギー/KIN69

「笑顔でわかりやすく語ると抜群の効果あり。安心感に人は集う。口論は後悔の念に襲われる。マイナスとは共鳴しない」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

「波長が合う」という言葉のように、人には目には見ないエネルギーのようなものがあります。いろいろなことをいつも自分以外の責任にする人、そして私たちのなかにもあるマイナスな感情からは遠ざかったほうがよさそうです。