前進すること

 

役者の頃、舞台で芝居をしていると「永遠」という言葉に近いなと思うことが何度もありました。テレビや映画の映像の仕事は一瞬を切り抜くものなので練習はありません。でも舞台の場合は稽古は1か月以上毎日みっちり。同じことを100回以上やっても終わりはなく、また新しい気づきがあり.....と永遠です。芸術関係はそもそも答えのない世界を表現するものなのでいくらでもやりようがあるのです。

 

今日のエネルギー/KIN74

「自分に満足したり、正しいと思うと止まってしまう。常にあらたなサプライズを意識する。逆転の発想は新たな支持者を獲得する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

これでできた、と思った瞬間にそのひとの成長は終わります。そんな考え方の世界で生きてきたからか、今でも患者さんのからだに対しても「もっとラクな、いいお身体があるんじゃないか」と追究してしまいます。職種は変わりましたが、人間の中身はやっぱり変わらないです。