希望を感じる

 

苦しいときに明るい方向を見るのは大変なこと。震災や災害からの復興番組などを見る機会があると本当にそう思うのですが、でもそこに「希望」があると前に進める力になるんですよね。希望があるというか見つけるんです。

 

今日のエネルギー/KIN92

「こだわりが『味』を出す。希望的な発言に人望が集まる。希望とは自分自身が変わること。希望を感じられるひとは、明るく前向きな人」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

養老孟子さんも「希望とは自分が変わること」という本を出されているそうですね。「自然を毎日10分見続けるだけでも、人は変わる。希望はそこにあります。世界が変わることではなく、自分が変わることにあるのです」とありました。そういうことなんですね。どんな状況でもそんな人間でいれたらと感じました。