内なるメッセージ

 

YOGAは、自分の「からだ」の声を聞くものです。微妙なニュアンスの違いかもしれませんが、私たちが普段使う「こころ」の声というのは、もしかしたら頭で考えたこと=思考なのかも知れません。「からだ」の声。たまには小さな子供や動物になったような感覚で頭を空っぽにして身体で感じてみる=感覚を使うことは、今を生きる私たちには原点に戻る感覚で、とても大切なことのように感じます。

 

今日のエネルギー/KIN116

「直感に耳を澄ませる。動物が本能に導かれるように。内なるメッセージをハッキリ聞く力を発揮する」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

裸足で土の上を歩くことは本当になくなりました。実は、人間が足の裏で感じることはたくさんあります。赤ちゃんが歩けるようになって知能が一気に上がるのも、お年寄りが寝たきりになって歩かなくなると痴呆が進むのもそれと関係しています。これからますますAI技術が進んでいき、私たちは自分の身体だけではなく脳も使わなくなっていくような気がします。そうなると次は、自分のこころもわからなくなっていきそうな...。命ある限り人間、感じる動物でいたいです。