単純な美しさ

 

うつくしいものが好きです。モノでも、ひとのこころでも。そして好みはそれぞれあると思いますが、私は「そのもの」が好きです。役者の頃もそうでしたが、自分をもっと大きく見せようという演技ではなく、できるだけ抑えた芝居が好きでした。できるだけなにもしない。料理の味付けを塩こしょうだけにして素材の味を楽しむように、ひともモノも同じなんだと感じます。

 

今日のエネルギー/KIN128

「削ぎ落してこそ、本質が見えてくる。単純な美しさをどこまでも追及する。美しさは必ず調和へとつながる」引用用元/越川宗亮著 2012年『古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編』コスモ21

 

いま地球環境のために持続可能な取り組みが始まっているみたいですね。私たちが使ったものが土に返って、いつかまた再生できる...。最初から素材やデザインもシンプルなものになります。誇大広告のぐちゃぐちゃしたデザインよりもスッキリしてて美しいなぁと感じます。そしてなぜか安心します。